鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにラムネさんのことばかり書いてます

ナイツ&マジック11 天酒之瓢

もしかしてこのシリーズの続巻を心待ちにしているのは私だけでは無いのだろうか?と不安に思っていたのですが、帯にあるようにスーパーロボット大戦に参戦してみたりアニメのBlue-ray BOXが発売されてみたりとまだまだ生きている感があるので安心しました。

herobunko.com

空飛ぶ大地の覇者を決める戦いは、ハルピュイアたちの王である『竜の王』と西方最強の飛空船(レビテートシップ)『飛竜戦艦』(リンドヴルム)が互いに致命傷を与えあう痛み分けに終わった。
戦いの余波が漂う空飛ぶ大地に強欲なる商人が暗躍する。その魔の手が大地の中心へと伸びた時、破滅の光が柱となって天へと伸びた。空飛ぶ大地を襲う未曽有の激震。
西方人であれハルピュイアであれ、大地の支えなくして生きることはできない。あらゆる勢力が否応なく光の柱をめぐる流れの中に巻き込まれてゆく。
その頃、修復を条件に飛竜戦艦を乗っ取ったエルネスティはご機嫌で飛竜をぶん回しついでに事態の調査へと向かっていた。そうして光の柱へと接近したエルたちは知ることになる。噴き出したエーテルだと思われていたその正体を。

傷を癒すべく安息の地を求める魔王軍はとあるハルピュイアの巣に目を付けていた。
いかなる運命のいたずらか、魔王は捨て去ったはずの過去の因縁と再開する。
大団長の後を追う銀の鳳と魔王が出会うとき、空飛ぶ大地を襲う恐るべき脅威が明らかとなりそれは西方諸国(オクシデンツ)の全てを巻き込む、終焉の始まりを告げる鐘となった。
天が姿を変え、起こりえない嵐が西方世界を飲み込んでゆく。絶望が全てを覆い尽くすかに思えた――しかし。
如何なる困難窮地にあろうとも、そこにはエルネスティ・エチェバルリアがいる。
人の身では抗い得ない絶望を蹴り飛ばし、猛り狂う暴風にすら怯むことなく、大団長の笑い声が木霊する。世界の破滅を前にして怯える者たちは目撃することになるだろう、人類史上最強最大の力を結集した決戦騎の姿を。
彼らに向かって銀鳳騎士団大団長は力強く宣言する。
「それでは、僕たち皆で世界を救ってしまいましょうか!!」
世界の命運を背負い、決戦騎が真の空へと挑む――!

まあ内容は同じようなテンプレの上を滑っていく感じなんですけどね。異世界転生俺ツエー。これが面白いのかと言うと好き好んで読んでいる私自身がよく分かっておりません。

努力シーンが無いから気持ちが楽とかピンチが無いから安心とか言われてますが、おっさんの私からしたらカタルシスが無いとそこに面白さは発生しないんじゃねーの?と思ってしまいます。しかし、よくよく考えてみたら年寄りが大好きな「勧善懲悪モノ」って正しく俺ツエーじゃね?水戸黄門とか完全に俺ツエーのテンプレ通りだもんね。武力が優れているお供を複数名引き連れ、美女もいて、何より自分が権力者、正しく俺ツエーじゃんこれ。

そう考えるとただの日常を描きながらも大逆転劇を付加する物語を書き続けた橋田寿賀子の偉大さがわかるってものですわ。ってこれもある意味王道なのか。

 

そんなどうでもいいことを考えながら読んでました。

惜しむらくは、新刊のペースが遅すぎて出てくるキャラクターをあまり覚えてない状態になってるのが残念でなりません、って残念なのは私の記憶力なのですが。俺もう魔王ってキャラクター性を忘れてたもんなぁ・・・。