鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのに鹿沼の事全然書いてません

栃木県立美術館「春陽会誕生100年 それぞれの闘い 岸田劉生、中川一政から岡鹿之助へ」にて自分が楽しみ方のレベルが上がった気がした

自宅から近い場所に大きな美術館が存在しているというのは幸せな事なんですね。新しい企画展が始まっておりました栃木県立術館に行ってきました。って2月の話なんですけどね。2月なのに桜のようなものが咲いておりました。梅なのかなぁ。

「春陽会誕生100年 それぞれの闘い 岸田劉生中川一政から岡鹿之助へ」なる企画展でした。すみません、岸田劉生しか知らないにわかです。

www.artagenda.jp

毎回訪れるたびに思うのですが、彫刻作品などが置かれている中庭みたいな場所が汚れてるんですよね。もう少し綺麗にして欲しいのですが、これは予算が無いから手付かずだったりするのでしょうか。何か勿体ない気がしております。

 

半券にも採用されておりますが、やはり岸田劉生と言えば麗子さんですね。なぜ自分の可愛い娘をこんなグロテスクに描いているのか皆目見当付きません。山田五郎の動画にて解説されておりましたが、それでも私には理解できない。そりゃあもっと可愛く描いて欲しかっただろうよ麗子さんも。

ちなみにこの作品、岸田劉生ではありません。椿貞雄の作品です。

https://pandapanda.link/wp-content/uploads/2017/07/%E6%A4%BF%E8%B2%9E%E9%9B%84-%E6%9C%9D%E5%AD%90%E5%83%8F1927_0002-700x897.jpg

間違いなく岸田劉生リスペクト作品!ある意味本家麗子より可愛いよ朝子。

 

ある程度作品を知って来たからこその楽しみ方でしょうか、この作品ってあの作品に似てるなぁ、と分かるようになって来たんです。それが当たってるのか外れてるのかどちらが先なのか後なのか分かりませんが、これも経験値が溜まって来た故の楽しみ方だと思うとなんだか嬉しい気持ちになりました。

岡鹿之助の群落(A)はエゴン・シーレに似てる気がするとか、南条一夫の鯛の静物高橋由一リスペクトかなぁとか。

 

何となくレベルアップした自分に気が付かせてくれた、そんな日でした。

とんでもなく久々にファミ通を購入したのは表紙が「パラノマサイト」だったから

何年ぶりだろう?もしかすると十何年ぶり?いや、二十年以上ぶりなのかもしれない。そのぐらい久々にファミ通を購入しました。

だって表紙が私の大好きな「パラノマサイト」だったんだもの。というかこんなマイナーなゲームを今更表紙に知るって大丈夫?ファミ通。俺は嬉しいけど。

この作品のファンなら間違いなく楽しめる内容となっておりました。個人的には伊集院光とスタッフの対談は最高でした。この4ページだけで購入した意義があるっちゅうもんですわ。

あとね、案内役の人の正体なのですがこの特集の中にてほんのりと匂わせており、それを見て変な声が出ちゃいました。気が付かなったどころかそもそも正体が誰なのか考えたことも無かった自分に気が付いて悔しくて悔しくて!謎を謎とさえ捉えることが出来てなかったのはなぁ、悔しいなぁ。ミステリー好きなのにそのミステリー自体を拾えてなかったってなぁ、ミステリー好きとさえ名乗ってはいけない気がしてきたわ。

 

ストーリーが最高だったのは勿論なのですが、キャラクターデザインも大好きなんです。完全に突き刺さってしまいまして、特に私が好きなのが志岐間春恵さんです。

https://ys-game-news.com/wp-content/uploads/2023/03/paranoma_0106.jpg

シナリオ内の環境や様々な属性が相まって最高に見えます。

福永洋子のノリも大好物ですわ。刑事二人のやり取りも最高。って全部最高なんですわ。発売元がスクウェアエニックスなのでちょくちょくセールをやってますので、興味を持たれましたら是非ご購入下さい。スマホ版もあるよ!

 

今公式HP見たらこんなイラストがあった。いいなぁ、これのポスター欲しいわ。

https://www.jp.square-enix.com/paranormasight/images/episord_illust/img_release_1stanniv.png

春恵さんが微笑んでてちょっと泣きそう。

2002~2006年アニメまとめ 配信で後から見た名作たち

この年代の作品は後から配信等で視聴したものです。評価が高い作品を見ているので基本的に太文字になってしまいます。

 

2006年

怪 ~ayakashi

Fate/stay night

うたわれるもの

涼宮ハルヒの憂鬱

BLACK LAGOON

N・H・Kにようこそ!

ゼロの使い魔

コードギアス 反逆のルルーシュ

人造昆虫カブトボーグ V×V

BLACK LAGOON The Second Barrage

大魔法峠

時をかける少女 (アニメ映画)

 

2005年

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和

フルメタル・パニック! The Second Raid

かみちゅ!

ノエイン もうひとりの君へ

撲殺天使ドクロちゃん

 

2004年

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

エルフェンリート

げんしけん

雲のむこう、約束の場所

 

2003年

なるたる 骸なる星 珠たる子

フルメタル・パニック? ふもっふ

BPS バトルプログラマーシラセ

茄子 アンダルシアの夏

 

2002年

フルメタル・パニック!

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

灰羽連盟

猫の恩返し

ほしのこえ

 

1999年

今、そこにいる僕

 

ネット上で見た「長門俺の嫁」なるワードが気になり調べたのがきっかけでその存在を知った「涼宮ハルヒの憂鬱」は私にとってアニメそしてライトノベルの世界へと誘った最重要作品です。この作品と出会えなかったら私の人生は全く違うルートを辿っていたと思います、あ、いや、遅かれ早かれ今のルートに乗っちゃってるかも。

ここからアニメを1クール10本以上ライトノベルを年間100冊以上貪るほど嵌まり倒すにわかオタクと化した訳です。それまでオンラインゲームに費やしていた時間を全部こっちに振っちまったからなぁ。

www.haruhi.tv

https://cs1.animestore.docomo.ne.jp/anime_kv/img/10/85/3/10853_1_1.png?1551423046000

 

「アニメで一番好きな作品は?」と聞かれた場合、一般の方には「宇宙よりも遠い場所」と答えますが、ある程度アニメを嗜んでいらっしゃる紳士淑女たちには「人造昆虫カブトボーグ V×V」と答えています。

全てにおいて狂気じみてるこの作品。もう存在自体が奇跡。1話からクライマックスでそのまま最終話の52話まで突っ走った伝説。放送局も制作会社も脚本家もスポンサーも全員頭おかしい。とにかく狂ってるエピソードに事欠かないこの作品を、訓練された方々に体験して欲しいんです。アニメ好きだとか自分はオタクだとか宣ってる奴は絶対に見ろ!これを見てないとアニメなんて語れないから!

www.sonypictures.jp

https://www.sonypictures.jp/sites/default/files/2022-06/billboard_KABUTO%20BORG_0.jpg

 

BLACK LAGOON」を知ったのはニコニコ動画にあったMADでした。

youtu.be

この頃ネット界隈はまだ無法地帯でね、ああ、何もかもが懐かしい。久しぶりにこのMADを見たらノスタルジックな気持ちになったと同時に、今見てもやっぱりカッケーと思いました。

ちなみに双子編の監督は「この世界の片隅に」の監督である片淵さんだったりします。

www.blacklagoon.jp

https://cs1.animestore.docomo.ne.jp/anime_kv/img/22/32/5/22325_1_1.png?1551354516000

 

1999年の「今、そこにいる僕」ですが、ある意味一番衝撃を受けた作品と言ってもいいかもしれません。ネット上でトラウマ級の作品だと噂されていたのですが、おじゃる丸マサルさんギャグマンガ日和等の監督である大地丙太郎の作品なのでどこか高を括っていたのかもしれません。

本当にトラウマ級でした。というか意味わかんない。これ、誰向けの作品なんです?

このシナリオをこの絵柄でやっちゃ駄目だろうと見た当時は思ったのですが、今思えばこの絵柄だからこそ多少マイルドになったのかもしれませんね。リアルな描写だったら俺耐えられなかったかも。

異世界ものが跋扈してる昨今、これも現代の小学生が異世界に飛ばされたお話なので、興味を持った方は是非見て欲しいですね!そして私と同じように心を抉られて欲しいなぁ。これを見て多くの方に再認識して欲しいですね、世界が理不尽である事を。

https://cs1.animestore.docomo.ne.jp/anime_kv/img/23/27/1/23271_1_1.png?1582249108000

 

修正

・「撲殺天使ドクロちゃん」と「大魔法峠」が漏れていたので追加いたしました