鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのに鹿沼の事全然書いてません

青森県立美術館でシャガールやあおもり犬の大きさに圧倒される

気が付いたら約一年前の事なのですが、青森県を訪れた際に行って来ていたんですよね、青森県立美術館

www.aomori-museum.jp

何も調べずに訪れたら庵野秀明展が行われておりました。なんで青森で?と不思議に思ったのですが、恐らく全国巡回して集金してるのだろうと勝手な憶測を立てました。今調べたら大体合ってた。

建物に近づいたら行列が出来ていて驚きました。凄い人気だな庵野

青森県ってテレビ東京映らないからTV版エヴァカレカノも見たこと無い人ばかりだろ俺はオネアミスも見てるんだぜ!と意味も根拠もない上から目線で行列している人を眺めながら、常設展だけのチケットを購入しました。俺ぐらいだろ、結構な時間行列してまでして常設展しか見ない奴。

 

何となく現代アートメインの美術館とは知っていたのであまり期待せずに入って行ったらいきなり巨大なシャガールの作品が出迎えてくれて度肝を抜かれました。圧巻でした。

モザイク掛けましたが、下に人が映ってるでしょ?これでどれだけ巨大なのか分かると思います。これが前後左右に展示されており、ただただ圧巻でした。もうこれだけでこの美術館に来た甲斐があったと思いました。

 

そして青森県立美術館の顔である「あおもり犬」がガラス越しに登場。

デカい。そして壁に囲まれてるシチュエーションと切り取られた空、そして入ってくる光が何とも言えない雰囲気を醸し出してました。だたの大きな犬のオブジェじゃない、と素人ながら思いました。

ちなみにこれ、ここから外に行けないんですよ。複雑な経路を進まないとここに辿り着けないんです。しかも雪が降るとここに行くこともできないんですよ。そういう仕掛けもまた面白いですね。

展示物も興味深い物が多々ございました。

このガラス作品は本当に美しかったです。って画像じゃ全然伝わらないですね。是非実物を見て欲しいな。

全部が全部なのか分かりませんが調べたら石井康治さんの作品のようです。

www.ishiiglass-studio.com

宗像志功って白黒のイメージしか無かったのでこの作品は驚きました。

何だか分からないけど凄い存在感でした。

スペースが無かったのか、最後の劇場版エヴァで見覚えのあるジオラマを見ることが出来ました。

劇場版含めエヴァンゲリオンを全部見たけど、結局ラストは非難囂々だったTV版が一番しっくりくるのは私だけでしょうか。

階段を上がったり下がったり屋上の連絡通路を通ったりしてやっと辿り着きました。

でかい。そしてあおもり犬は空が似合う。

隠しエリアみたいなところにあるオブジェも撮っておきました。

 

購入したポストカードです。

あおもり犬 奈良美智

石井康治 ガラス管 緑陰

マイク・シャガール 背景画 第一幕 月光のアレコとゼンフィラ

ついでにあおもり犬の手ぬぐいかなにかも買っちゃいました。

 

現代アートメインの美術館だとうっすら知っていたので楽しめるのか不安でしたが杞憂に終わりました。絵画じゃなくても大丈夫なのか俺、と認識できました。そのきっかけを作ってくれたのが、今思えばこの青森県立美術館だったのかもしれません。行って良かった。

彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪 青柳碧人

私の大好きな作家さんの一人である青柳碧人さんですが、実業之日本社で作品を書いていることを最近まで知らなかったんです。お陰でこのシリーズの存在を見落としておりました。江戸時代で数学を扱うミステリーというもうこれこの人しか書けない組み合わせだろうなという1巻が非常に楽しめたので2巻も購入しましたが、これ調べたらもう6年前の作品でこれ以降続巻出てないので非常にガッカリしました。面白かったのになぁ。

www.j-n.co.jp

常陸国牛敷藩の下級武士の娘・車井彩菊は、おしゃれが大好きな十七歳。
算法が得意で寺子屋で教えている。
そんな彩菊がひょんな縁で、水戸藩の名家・高那家の三男・半三郎のもとに嫁ぐことになった。

水戸に来て早々、彩菊と半三郎はお城に呼ばれ、
からくり仕掛けを愛好する谷田部藩新町村の名主・飯塚伊賀七と対面する。
伊賀七は、とある山寺のからくり好きの坊主が突然亡くなり、
成仏しないまま幽霊となって寺にとりついていると語る。
からくりの張り巡らされた寺に潜入し、
得意の算法で成仏させてほしい、というのだが――(第四之怪)。

キュートな彩菊が、半三郎(算法はからきし…)と力を合わせて、
妖怪や幽霊が起こす事件を解決する、痛快ミステリー。
数学ってこんなに面白いんだ、と実感できる大好評「彩菊あやかし算法帖」シリーズ第2巻!

面白かったのですが、2巻の最後のエピソードはいろいろとやり過ぎてる感があって困惑しました。いろんな意味で酷い。あとがきにも冒険した的な事を書いてました。こういうのも有りだなぁと私は受け入れられましたが。

やってることは基本的に浜村渚シリーズと同じで、ただ舞台設定が現代じゃなくて江戸時代ってだけなんですよね。主人公が女性だし。それでも私は独自性を感じたし、数学嫌いな私でも楽しめました。

ただ、恋愛要素をもう少し入れた方がよりキャラクターが引き立った気がするんですよね。折角結婚したのにそこら辺の描写が全然無いし。もしかすると青柳さんってそういうの苦手かも?と今まで読んだ作品を思い返すに、そうだわ、間違いない、この人恋愛描写が上手くないわ!

ま、ミステリー作家だしね。まだ読んでない作品がまだまだあるので手当たり次第読んでいきます。

2016年アニメまとめ 調べたらこの年まで平成でした

この頃自分が何に嵌まっていて何をしていたのか全然覚えてません。日記まで行かなくとも何をしていたのかを簡単にでもどこかに記録しておくことの重要性を、この作業をしながら実感しております。とりあえず見たアニメだけでも書き残しておきます。

太文字は私が見て良かったなぁと思った作品です。

 

冬(1月~3月)

蒼の彼方のフォーリズム

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第2クール

この素晴らしい世界に祝福を!

昭和元禄落語心中

だがしかし

灰と幻想のグリムガル

僕だけがいない街

 

春(4月~6月)

くまみこ

甲鉄城のカバネリ

ジョーカー・ゲーム

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

ふらいんぐうぃっち

迷家 -マヨイガ-

Re:ゼロから始める異世界生活(1期)

 

夏(7月~9月)

アルスラーン戦記 風塵乱舞

この美術部には問題がある!

 

秋(10月~12月)

うどんの国の金色毛鞠

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-

3月のライオン

灼熱の卓球娘

舟を編む

ブレイブウィッチーズ

魔法少女育成計画

ユーリ!!! on ICE

私がモテてどうすんだ

 

劇場版アニメ

君の名は。

この世界の片隅に

 

複数回同じ作品を映画館で観る方がいらっしゃいますが、私はその人たちの感覚が理解できませんでした。安くないお金を払って知ってる物語を見て何が楽しいのだろうか?と。そんな私の概念をぶち壊してくれたのが「この世界の片隅に」です。と言っても4回しか見てませんけどね。

初回でも泣いてましたが、2回目なんて最初の広島の街中のシーンで号泣しちゃってたのよね。特に防空壕のシーンは今思い出しても胸が苦しくなります。この作品、すべてにおいてクオリティが高いのですが、あまり音響に触れられてないのが残念でなりません。あの防空壕のシーン時の爆撃時の轟音が本当に凄い、映画館でしか体感できないのが残念でなりません。

好きなアニメは?と聞かれたら「宇宙よりも遠い場所」と答えますが、好きな映画は?と聞かれたらこの作品を答えます。私の中でアニメというジャンルで縛らず、映画作品として一番なんです。

konosekai.jp

 

この美術部には問題がある!」はそこはかとなく感じるエロティックな描写が好きでした。って舞台が中学校なのでリアルで言ってたら犯罪者なのですが。完全にデザインに一目ぼれしてしまった感があります。

www.tbs.co.jp

https://www.tbs.co.jp/anime/konobi/img/top_image.jpg

原作者様がまさか後にオリジナルアニメ「リコイル・リコリス」でデザインを担当なされるとは思いも寄りませんでした。

 

ジョーカー・ゲーム」は後からアマゾンプライムで視聴しました。本格的なスパイもので非常に楽しめたので原作まで購入しましたよ!そして知るアニメ版の原作クラッシャーっぷり。いろいろと原作改変を見てきたけど本当にこれは酷いな!それを差し引いても面白かったのでヨシ!

jokergame.jp

toriid.hatenablog.com