鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにラムネさんのことばかり書いてます

Nintendo Switch 有機ELモデルに保護シートを貼って台無しにして見た結果

軽い気持ちでNintendo Switch 有機ELモデルをヨドバシ.comの抽選に登録してみたら当選してしまい発売日に手に入れたラッキーなToriidです。

toriid.hatenablog.com

toriid.hatenablog.com

データの引越し後、どのぐらい有機ELとやらが綺麗になったのか比較してみたのですが、正直言いまして私にはあまり違いが分かりませんでした。確かに色が鮮やかになってるのですが、これって調整で再現出来ちゃわない?とか思ってしまったんです。

そもそも、並べてスマホで撮影してみたのですが、有機ELだと縞模様が出ちゃって全然比較にならない。

f:id:toriid:20211013221253j:plain

大きさの違いは良くわかるんですけどね。

もう一枚撮ってみたのですが、さらに縞模様が目立ってしまってますね。難しいなぁ。全然綺麗に見えない。

f:id:toriid:20211013221401j:plain

 

さらに保護シートを貼って台無しにしてみました。

ちゃんと有機ELモデル用なんだぜ!そして安心のホリ製です。ちなみにこれはブルーライトをカットしないタイプです。

f:id:toriid:20211013221744j:plain

動画で見ても違いが無いように見えますね。生で見てても全く違いを感じませんでした。なんだ、全然保護シートの影響ないじゃん。もしかすると私が鈍感なだけなのかもしれませんが。

 

そもそも98%テレビモードでプレイする私には有機ELモデルの恩恵をほぼ受けないのよね。それでも白はかっけーしネタにもなったしデータの引越しという体験もできたので良しとしますしておきます。

といっても、データの引越しをしただけでゲーム自体は全然DLしてないんだけどね。

f:id:toriid:20211013222455j:plain

まだアイコンが4つしかないんだぜ!しかも一番右はどうぶつの森のデータを引っ越すために必要なアプリだしね。

近日中に『あつまれ どうぶつの森』の引越し作業を紹介したします。

綾志別町役場妖怪課 暗闇コサックダンス 青柳碧人

私の大好きな作家である青柳碧人さんの妖怪もの。妖怪ものの別シリーズかと思ったら主人公が朧月市役所妖怪課シリーズと同じでした。まさかの同シリーズ、期待せずにはいられません。ここまでシリーズ化したのって浜村渚シリーズに次ぐ作品なのよね。

f:id:toriid:20210911220109j:plain

www.kadokawa.co.jp

公務員を志す若者・宵原秀也が赴任してきたのは、綾志別町という北海道の端の小さな町。そこで秀也を待ち受けていたのは、奇妙な妖怪たちとの奮闘の日々だった。青春妖怪エンターテインメント!

舞台が北海道だからなのか妖怪が日本のものではなくロシアの妖怪になってました。登場人物も入れ替わってますが、基本的に前シリーズと構造は同じです。オリジナル妖怪が悪さをしてそれを主人公たちが解決するミステリー作品です。

個人的には正直トリックとか解決策とかよく分からない部分が多々あるのですが、まあそれはそれで面白ければいいや、というスタンスで読んでます。

青柳さんの作品の肝は「読んでいて疲れない」「ストレスが無い」「さらっと読める」だと思ってます。そしてこのシリーズはその枠に収まってます。ってこれ批判じゃないからね?褒めてるんだからね?

後半に知ってる人が登場して、こりゃあ次巻が楽しみだ!と思ったら次でこのシリーズ終わっちゃってるのよねぇ、残念だわ。

「’10年代のTVアニメ各年ベスト」企画の集計結果発表 の感想

はてなブログツイッターだったのか、「2010年代のアニメの年代別NO.1をみんなで決めようぜ」的な企画を見つけたので私も投票がてらブログで書いたことがありました。

toriid.hatenablog.com

今見るととんでもないタイトルをその年の覇権アニメにしてますね俺。

投票の結果は勿論のこと自分でこの記事を書いていたことさえ忘れていたのですが、約2年越しに集計した結果の記事が上がっておりました。

highland.hatenablog.com

いやぁこれ面白いわ!こんなに人と違うのか!という驚きと、何故俺はこんな作品を選んでしまったのだろうか?という後悔みたいな恥ずかしさみたいなそんな感情に押し潰されそうになったりしております。

各年代ごとの集計を見ながら私の感想を書いてみますね。

2010年 四畳半神話大系

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/11/20/1/11201_1_1.png?1552446083000

トップ10の中でプリキュア刀語以外は視聴してたぐらい消化率が高かった年です。四畳半神話大系も見てましたが、最終回が印象に残ってるぐらいで後は殆ど記憶にありません。私の中では可もなく不可もなくという作品でした。

私はけいおん2期を1位にしてますね。今でも思い出すだけで胸が熱くなる、私の中では最高の作品の一つです。劇場版も見に行ったもんなぁ。最高でした。

2011年 魔法少女まどか☆マギカ

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/10/23/4/10234_1_1.png?1551173820000

これしかないでしょう。私もまどかでした。得票数も断トツの1位ですね。

しかし、改めて見るにこの年ってとんでもなくレベルが高い作品ばかりで驚きました。ピンドラにシュタゲにあの花にフェイトゼロにアイマスに日常だって?!マジでとんでもない年だな!これらの作品らを断トツでぶっちぎってるまどかってやっぱり凄い作品ですよね。しかも劇場版をこれを上回るんだぜ?とんでもないっすわ。

2012年 ガールズ&パンツァー

https://girls-und-panzer.jp/XPLk3DYg/wp-content/themes/gulpan-tv2020/img/top-visual01.png

見た目に反して戦車好きが唸るようなマニアックな作品でした。熱い展開だし。この年はこれしかない感があります。私もガルパンでした。劇場版を2回も見に行ってるぐらい大好きです。大洗にも何回行った事か。

戦国コレクションを見てなかったのが今でも後悔してます。当時評判がどんどん良くなっていったんですけど、気が付いたらもう追いつけなかったのよね。今からでも見てみようかしら。

2013年 ゆゆ式

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/23/21/0/23210_1_1.png?1578647201000

あああ!俺今でもOPを聞いてるぐらい大好きなのになぜゆゆ式を1位にしなかったんだよ!なんで進撃の巨人を1位にしてしまったんだぁあぁあああ!

ま、改めて考えてもやっぱり進撃の巨人だなぁ。あの立体軌道の作画を見た時の衝撃は今でも忘れられません。そもそも原作が凄まじい。作者は間違いなく天才です。

2014年 SHIROBAKO

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/11/47/9/11479_1_1.png?1551177134000

ガルパンの後に続けざまにSHIROBAKOを作り上げた水島監督ってやっぱり凄いよね。私も劇場版を見に行くぐらい大好きです。コロナの影響で興行成績悪かったけど、本当に面白かったんだよ!是非多くの方に見て欲しいです。

toriid.hatenablog.com

って俺がこの年1位にしたのろこどるだったぁぁぁああ!

ろこどるを1位にしたのはきっと俺ぐらいだったんだろうな。トップ10にも入ってないんだもの。今でも思い出すだけで胸が締め付けられるぐらい大好きで大好きでたまりません。何が私をここまで熱くさせるのか私自身全然わかりません。わからないけど好きなんです。そういう作品があるって幸せじゃね?

今でもEDを聞くときゅんきゅんします、アラフォーのおっさんなのに。

youtu.be

2015年 響け!ユーフォニアム

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/20/09/8/20098_1_1.png?1551174478000

最後まで見たけど今一つ心に来なかった作品でした。なんでだろう、良く出来た作品だとは思ったんですけどね。

この年ぐらいからアニメの消化率が悪くなってるようですね。トップ10に名前を連ねている作品名を見てもピンときません。見てなかった作品ばかりのようです。そんな中私が1位にしたのが愛すべきクソアニメである「聖剣使いの禁呪詠唱」なのはどうなのだろうか。今でも「思い…出した!」や「綴る!」をアニメ好きの知り合いとの会話に出てくるぐらい、私にとっては大きな影響を与えた作品なんですけどね。

ご存じない方はこちらを見て下さい、見てもわからないと思うけど。

dic.nicovideo.jp

兎にも角にも、いろいろと伝説を残した酷い作品でした(誉めてない

2016年 響け!ユーフォリアム2

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/10/9/21109_1_1.png?1552444736000

前作が今一つ合わなかったので2期見てないかも。脚本が私の大好きな花田先生なのに。

この年はあまりアニメを消化してなかったのかもなぁなんて思ったのですが、トップ10を見たら殆ど視聴してたものばかりで驚きました。そんな中私が1位にしたのが「この美術部には問題がある!」ってどうなのでしょうか。おそらくこの作品を1位にしたの俺だけじゃないかなぁ。知名度低そうなので動画を置いておきますね。

youtu.be

よくよく考えてみるに、きらら系のような女子高生の日常ものが好きなのかもしれない。あ、キモイな俺。

2017年 宝石の国

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/82/8/21828_1_1.png?1551347944000

この年あたりからアニメの消化率は激減しております。にもかかわらずトップ10を見るにそこそこ視聴した作品があるので、もしかすると前評判が良かったりしたものだけを見てたのかもしれませんね。宝石の国も見てました。CGアニメもここまで来たかぁと思ったものでした。

んで私が1位にしたのは同じCGアニメだけど比べるのも烏滸がましいクオリティだった「けものフレンズ」だもんなぁ。「アニメは作画じゃない」「ストーリーが面白ければすべてを凌駕する」と思い知らされた作品でした。

2018年 宇宙よりも遠い場所

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/94/9/21949_1_1.png?1551347707000

リアルタイムで見てませんでした。この年リアルタイムで見てたのってゾンビランドサガだけかも。後から見たのですが、毎回泣きながら見てました。こんなに涙腺をダイレクトアタックされた作品は後にも先にもこれだけです。最終回は嗚咽を漏らしながら号泣してました。今まで体験したすべての媒体でこれだけ泣いたのは初めてでした。

よく考えたらゆるキャン△ウマ娘も後から見てるんですよね。ヴァイオレッドエヴァ―ガーデンもその内見ます。リアルタイムで見てなくても後から見られる今って本当に幸せですわ。

2019年 まちカドまぞく

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/22/86/4/22864_1_1.png?1562043600000

すみません、タイトルさえ今一つ覚えてませんでした。後でみてみようかしら、ってこれきらら系なのね。この年はアニメを全く見てなかった記憶だったのですが、トップ10を見たらやっぱりある程度見てたことが判明。リアルタイムじゃなく後から見たのかなぁ。

私が1位にした「ダンベル何キロ持てる?」ですが、この時点ではこれしか見てなかった記憶があります。かぐや様は見てたかも?さらざんまいは後からアマゾンで見たかな。

まとめ

こうやって振り返ると面白いですね。他の人が好きな作品を知るもの面白い!見てみたくなる作品ばかりで参考になります。

この10年で1位はなんだろうと考えたのですが、やはり「魔法少女まどか☆マギカ」ですかね。

リアルタイムで見られたことを今でも嬉しく思ってます。後から連続で見ても当時の空気感は絶対に理解できないもの。本当に毎週毎週考察が大盛り上がりで楽しかったなぁ。関西の方が一日放送が早かったからその日はネットを遮断してネタバレ回避してた記憶があります。最終回に至ってはもう伝説ですよ。東日本大震災で延期したり、新聞広告出したり、3話連続で放送したり、CMで謎の白い液体連呼で盛り上がったり。何よりその内容がみんなが想像していた遥か上を行ったからね。本当にあの日は最高でした。

調べたら新聞広告に関するニュースがありましたので貼っておきますね。

mantan-web.jp

もうね、ただのアニメ作品じゃないんですよ、我々リアルタイムで見てた者からすると。最終回を放送したのって東日本大震災の一か月後ですからね。放送時の空気感は、私の能力では言語化することができません。

 

いろいろと忙しくてアニメの消化率が著しく悪化してしまった時期があったのですが、今では毎日1本は消化できるようになりました。ただ単に朝飯を食べながら見るようにしただけなんだけどね。1クールで7本と大分少なくなってしまいましたが、これからも見続けていこうと思います。

ちなみに2020年の1位は何にするのか調べてみたのですが、乙フラかていぼう日誌か虹ヶ咲か・・・。あ、「魔王学院の不適合者」かも。またクソアニメか!

toriid.hatenablog.com

2021年は今のところ「聖女の魔法は万能です」かも。

また次回も参加させてください!って10年後か!