鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

禁煙した俺にタバコ増税など関係ない

実は今年の6月にタバコを辞めた、元愛煙家のtoriidです。

健康的な理由ではなく、経済的な理由で辞めざるを得ない、と思い込むことで決断しました、という言い回しで分かる通り、約20年もやり続けてきた習慣がそんな簡単に辞められるわけないと、自分でも禁煙は無理だと思ってました。

しかし、決断後一本も吸うことなく、吸いたいとの禁断症状もなく、なんだかあっけなく禁煙に成功しほぼ半年経過してしまいました。

はっきり言いまして拍子抜けです。

 

禁煙前に想像していたのは、

・シーツを掴みながら「タ、タバコが吸いたい」みたいな禁断症状が襲ってくる

・簡易ベッドに自ら手錠を繋いでヤク断ちする

・仲間に「俺がヤクをくれと言っても与えるな」と言っておく

・自ら壁に頭を打ち付けて出血を伴いながら禁断症状と戦う

・禁断症状に耐えるために握った拳から血が滴る

・幻覚症状の中で故郷を思い出す

・「かあちゃーん!」と泣きながら叫ぶ

みたいなシチュエーションだったのですが、映画ドラマなどのシャブ抜けのようなシーンはなく、それどころか「ここで我慢しなければ男じゃないぜ!」みたいなシーンもなく、本当にノー障害で1日目3日目一週間一か月三か月を突破してしまいました。

なんだったんだ?俺のニコチン依存度。

 

そもそも禁煙するきっかけは、今年5月に始まった「自分改造計画」の一環だったのですが、一番の要因は、

「こんなおいしいものが体に良い訳がない」

でした。

缶コーヒーが大好きだったのですが、実はとんでもない量の砂糖が入ってるんですよね。

だからおいしい。

おいしいものは体に悪い。

なので砂糖入り缶コーヒーをやめました。

それで、いまだに飲むとマズイブラックコーヒーを飲みながら、「んじゃタバコも体にわるいよなぁ、こんなにおいしいんだから」との発想になったのです。

 

ってそうなんです、実は同じ時期に砂糖入り缶コーヒーも辞めました。

一番好きな飲み物はマックスコーヒーだったのですが、これも半年断っています。

理由はやはり、「こんなおいしいものが体に良い訳がない」です。

 

齢四十を越えますと、やはり体にガタが出てきまして。

そして、好きなことをやろうとすると、そこにお金が掛かるわけでして。

この二つを同時にクリアできるアイディアが、当時の私には禁煙だったのです。

一つのアイディアで複数の問題を解決できる、ってなると私は行動に移せるですよね、最近気が付いた行動原理なのですが。

そんな訳で、長々と前置きを書き連ねましたが、何が言いたいのかといいますと、このニュースの感想を書きたかったのです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

約20年前に吸い始めた時は250円だったのかぁ。

それが倍の500円になるのかぁ。

俺には関係ないけどな!

ああ、これが言いたいから禁煙できた、かもしれませんね。

 

ちなみに私は同時期に酒も辞めました。

酒は、タバコより体に悪いし、酔って他人に危害を与えたりと良い事が一つもありません。

そもそも「こんなおいしいものが体に良い訳ない」んです、ええ。

私は、酒もタバコ並みの増税を望みます、そして、タバコと同じようにいずれ外での飲酒禁止を目指してほしいです。

俺には関係ないからな!

 

あと、缶コーヒーを辞めた私は、同時に基本的に砂糖の多い食べ物を辞めました。

砂糖の取りすぎは体に悪いし、様々な病気の根源となっております。

そもそも「こんなおいしいものが体に良い訳ない」んです、ええ、でしょ?

私は、和菓子洋菓子等の砂糖を扱った食品への新しい税金を望みます、そして、タバコと同じように外での食事禁止を目指してほしいです。

俺には関係ないからな!

 

あとラーメンも(略