鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにゲームのことばかり書いてます

子供の頃想像していた未来に実はすでに存在していると認識した動画 その2

たつき監督の騒動がまだ解決してない、というかこれ解決しないまま、真相は明かされず、そのままフェイドアウトしていくんだろうなと感じたtoriidです。本当に勿体ない、その一言に尽きます。

 

昨日の続きとして、今私は未来に生きてるんだなと感じた動画をもう一つ、どうしても紹介したいので貼り付けます。

www.youtube.com

平成生まれの人にはわかりませんよね、物心ついたときからOSが乗っかってるPC使ってる世代には。

そもそもPC、パソコンって何の略なのか知らない人の方が多いでしょうね。

パーソナルコンピューター、個人のコンピューター、当たり前ですよね今じゃ、でもね、昔は個人でコンピューターなんて所有できなかったんですよ、国家とか軍とかしか持てなかったんです。

フロッピーは勿論、テープとかにバックアップしてたとかも知らないですよね、まあ知らないでいい昔の話です。

 

あの頃の私たちは、未来に対して憧れがありました、未来は今より便利になってもっともっと良くなってると思ってました。

大人になるとそうでもなかったし、便利になった分それを基準に世界が回ってるので、なんだ未来って楽しくないし明るくなかった、全然よくなってないや、って思ったのです、思っていたのです。

でもね、こうやって、昔のことを思い出すとね、あの頃考えてた未来が確実に今起こってるし、あの頃の想像を超えた世界に今生きてるって実感できるんです。

だから、おっさんが昔話をし始めるとうぜぇって思いますよね、私も思います思ってました、でも、少しだけ若い人は付き合ってあげてください。

 

今の若い人は未来に希望を持てているのでしょうか、憧れがあるのでしょうか、明るいと思っているのでしょうか。

私の世代と比べて変化がないと思うんですよね。

ハイビジョンが4Kになって8kになったって、そんなに変化を感じないんだろうなぁって。