鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

「モーフィーズ・ロウ」は日の目を見ることが出来るのか

結構期待されてたし、私も期待していたんだけどね。

jp.automaton.am

「モーフィーズ・ロウ」、任天堂の動画でも紹介されていたしコンセプト的にも新しく面白かったので、多くの人から期待されていました。

今年の8月23日に配信開始した時は、「ついに来た!」「これで勝つる!」と思ったのですが、私個人が様々なゲームを抱えていたので購入を控えておりました。しかし、すぐにでもプレイしたかったんです。

ところが、こちらの記事にもある通り、あまり良いスタートは出来ませんでした。

発売当初からバグやマッチングの不具合などが報告されており、Cosmoscopeが改善に取り組んできたものの、プレイヤー人口の低下は深刻なものになりつつあった。

私にも聞こえておりました、バグ。さらにはゲームバランスの悪さ等々。

どんな酷いゲームでも褒める人が多少なりともいるのですが、「モーフィーズ・ロウ」に関しては、激しい罵倒はないものの、褒める人は殆どおりませんでした。

そのうち調整が入るだろうと思っていたのですが、気が付いたら名前が上がることさえ無くなってしまいました。そして、私の記憶からもこのゲームの存在が消えておりました。

 

今のニンテンドースイッチは、ちょっと前のような、出せば売れるブルーオーシャン状態では無くなっております。そして、最初に売れなければ、潜ったまま二度と売れません。

ですので、最初が本当に肝心なんです。最初に手に取ってもらい、そして評価が高ければランキングに残り続け、さらに売れていきます。最近発売前のセールが多いのはこれを狙っているからです。

「モーフィーズ・ロウ」は知名度がありました。面白いアイディアがありました。見た目のオリジナリティもありました。もっとゲーム性を詰めていけば名作に成り得たと思います。しかし、未完全な状態でリリースしてしまった。後から修正パッチで何とかなると思ったのでしょうか。その判断が、大失敗を招いてしまったと思っております。

 

私の記憶の中では、埋もれたゲームがランキングに浮上したのは、よゐこがインディーゲームをプレイした動画によるものしかありません。

願わくば、この「モーフィーズ・ロウ」が、埋もれた中から浮上した初めてのゲームになることを願っております。