鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

インディーゲーム制作者で活躍している日本人がいることに気が付かなった私を許して下さい

ニンテンドースイッチのダウンロード専用ソフトに「カミコ」なるゲームがございます。500円です。フライハイワークスから販売されています。

どこかの外国人が作ったものだと勘違いしておりました。

kan-kikuchi.hatenablog.com

日本人だったのか!

スイッチを購入してから、遅ればせながらインディーゲームの存在を知るようになりまして、何も知らない無垢な私にこれでもかどガツンガツンと素晴らしいゲーム達が目の前に現れて、それが殆ど大手ソフトメーカーではなく少人数グループ似る作品だったりさらにはたった一人で作ったものだったり(スターデューバレー)!

で、いろいろ知ってきた中で、ふと思ったことがあったのです。

あれ?日本人いなくね?って。

触れるゲーム触れるゲーム全部海外の作品ばかりなのです。なんでだ?環境が違うのか?日本では売れないのか?そもそも作ってる人が、そういう集団がいないのか?いやいや昔はいたよなぁ、ってエロゲ界隈だけ?

などと思っていたらいらっしゃいました。

「カミコ」を作ったのが日本人だったなんて。知らなった私を許して下さい。

 

そしてピコンティアまだ出来ないのかなぁなんて書き込みをよく目にしていたですが、この「カミコ」の作者が作ってるのですね、そりゃあ期待されるわ。

私も期待しております。ピコンティアもその先の作品も。