鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにラムネさんのことばかり書いてます

鉄道手帳[2019年版] 所澤秀樹

今年も買いました、鉄道手帳。

www.sogensha.co.jp

鉄道手帳[2019年版]

所澤秀樹 監修/創元社編集部 編

定価:本体1,200円+税  B6判・248頁・クリアカバー付き

f:id:toriid:20181201222727j:plain

ディーゼル車かっけー。

 

昨年初めて購入し、今年で2冊目となります。この手帳の何が素晴らしいか。

いきなり答えを書いてしまいます。

下の画像はウィークリーページ(見開き2ページで一週間)です。

f:id:toriid:20181201223038j:plain

その日に鉄道的な出来事があった場合、下に記載されます。右下の余白にはより細かく説明が書いてあります。何も無かった日は簡単なコラムが書いてあります。

f:id:toriid:20181201225344j:plain

マンスリーページにはその月で開催されるだろうイベントが掲載されております。

f:id:toriid:20181201225437j:plain

こんなマニアックな路線図もございます。

普通の路線図を眺めてるだけでも楽しいんですけどね。

https://www.sogensha.co.jp/special/railwaydiary/img/qanda_fig01.jpg

これらが見た目普通の手帳に網羅されております。

会議中に見ていても、問題ございません。

そうです!暇な会議中にはもってこいのアイテムなのです!

時間も潰せるし真面目に聞いてるように見えるし鉄道関係の勉強になるし、なんて素晴らしい手帳なのでしょうか!

カバーも付いてこの大きさでこの内容で1,200円。素晴らしいです。

 

昨年、軽い気持ちで購入したのですが、お陰で「手帳にスケジュールを書き込む」という習慣が身に付きました。この年齢になるとこれが絶対に必要な作業なんです。本当に良かった!

挟まっていたアンケートハガキに「これからも毎年販売してください」と書いて送りました。創元社さん、これからもよろしくお願いいたします。