鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのに鹿沼の事全然書いてません

東京の美術館巡りをすべく久しぶりに新鹿沼駅に赴いたらイチゴだらけになってた

東京の美術館へ赴くため久しぶりに新鹿沼駅に赴きました。

ん?なんかピンク色に支配されてる?

真ん中のイチゴのオブジェは前からあったのですが、駅舎壁面のイチゴ模様はありませんでした。駅名の上にベリーちゃんが顔を出してますね。

www.city.kanuma.tochigi.jp

https://www.city.kanuma.tochigi.jp/manage/contents/upload/619d7d1083f7b.png

自治体がゆるキャラを作ると無駄にいろんな要素を詰め込み過ぎてカオス化するところ、あえてイチゴ一本でデザインされたベリーちゃん。非常に良いデザインですね。

これを見た他県の方はさぞ鹿沼市はイチゴ生産量が多い自治体なのだろうとお思いになるでしょうし、この新鹿沼駅を見たら尚更そうお思いでしょう。

栃木県のHPにデータがありましたので貼っておきますね。

栃木県/県内市町のいちご生産面積

県内市町村別いちご作付面積
 
1位 真岡市
163ha
2位 栃木市
65ha
3位 鹿沼市
44ha
4位 壬生町
36ha
5位 宇都宮市
33ha

 

 

 

 

 

 

 

鹿沼市3位!しかも1位の真岡市と比べて4分の1!

本当にもうねいちご市とか名乗るのが烏滸がましい状況なんですよ。どの面下げてイチゴを前面にアピールしてるんだよと。正直鹿沼市民としては真岡市や栃木市に対して恥ずかしいやら申し訳ないやら。厚顔無恥な方が鹿沼市の偉い人にいらっしゃったのでしょう。

そんな無知で無能で無謀なキャンペーンですが、これに東武鉄道が乗っかっちゃったのがこの新鹿沼駅舎の状況な訳です。ああ、東武さん何してるんすかぁ。

駅名標もイチゴ。

構内エレベータの壁面もイチゴ。

ちなみにこの模様、鹿沼組子がモチーフですね。

東京行の列車を待ってる間に入線してきたスペーシアもイチゴ。

イチゴカラーで車両にイチゴのロゴが入ってました。

 

どんどんイチゴに侵されていく鹿沼に慄いているのですが、この状況、真岡市民や栃木市民、なんなら栃木県民はどう思っているのでしょうか。かぬましみんの私としては本当に肩身が狭い思いをしております。本当に辞めてくれないかな鹿沼市のイチゴ押し。そんな事思ってるの俺だけ?

なんて考えながらホームで東京行の特急を待ってました。モヤモヤしていたのですが、久しぶりに聞いたスペーシアインバーター音で多少癒されました。

どんな音なのか知りたい方のために参考動画を置いておきますね。ああ良い音。

youtu.be

 

久しぶりの東京でいろいろと体験してきたので、何回かに分けてこちらに残していきます。いつも計画を立てた上で現地で行き当たりばったりの行動するのですが、お陰で今回も面白い経験が多々出来ました。やっぱり旅行は楽しいなぁ。