鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにラムネさんのことばかり書いてます

アニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』は瞬時にお金が掛かってることが分かる力作

すべてにおいてクオリティが高い作品って最近見てなかったんだなぁ、と無職転生を見て気が付きました。ここまでお金と時間を掛けて作って大丈夫なんですかね?と心配になるレベルです。

https://mushokutensei.jp/wp-content/themes/mushoku_re/img/common/ogpimg.jpg

mushokutensei.jp

2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始されて以来絶大な人気を誇る“なろう系ラノベのパイオニア”『無職転生異世界行ったら本気だす~』がTVアニメとなって2021年1月より放送決定!
理不尽な孫の手の著による本作は、昨今多くの作品が生み出されている「異世界転生系ラノベ」「なろう系小説」のまさに先駆者的作品であり、幅広いファンを獲得している当ジャンルの代表作。
働きもせず他人と関わりもせず、ただ部屋に引きこもってゲームやネットに明け暮れるだけの34歳のニート男が、ある日交通事故に遭い死亡…したと思った次の瞬間、剣と魔法の異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生!
少年ルーデウスとして生まれ変わった男が、前世の記憶と後悔を糧に、出会いや試練に直面しながら「今度こそ本気で生きていく」姿と壮大な冒険が描かれる大河ファンタジー

youtu.be

非常に丁寧に作られた傑作。知らない人は良くある異世界転生ものだと思われるでしょうが、この無職転生こそが異世界転生もののブームを作った作品なんです。世間に疎い私でさえもウェブ上で読んでましたからね、途中までだったけど。しかも全然覚えてない。俺本当に読んだんだっけ?なんか自分の記憶に自信がないわ。

作画のクオリティはテレビアニメにおいては史上最高レベルと言っても過言ではないと私は感じてます。どこの制作会社だろうと思ってたら

スタジオバインド - Wikipedia

設立の理由には、『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』のアニメ化にあたり、企画を継続的、長期的、計画的に進めていく体制が必要であると判断したことを挙げている。

無職転生アニメ化のために作られた会社だった!規格外だな!ナイト&マジックのプロデューサーが社長なのね。2期やらないかなぁ、やらないだろうなぁ。

 

ストーリーは面白いのは間違いないのですが、主人公が元々引き籠り中年男性だったため、そこかしこにエロ目線が入っており、そこが万人受け作品ではない要因の一つとなっております。その部分が面白いっちゃ面白いのですが、無ければ世間一般にも受け入れれらるぐらい素晴らしい作品になるんじゃないかなぁ、なんか勿体ない気がするんだよなぁ。エロの種類的にもドン引きするレベルなもんでして。

 

見始めたころは「お金掛かってるなぁ円盤で回収できるのか?」なんて思いながら楽しく見ていたのですが、とある1シーンで完全に心を持っていかれました。このギレーヌの一閃シーンです。

nico.ms

この耳鳴りシーン!ゾクゾクしました。主人公と同じようにぼーっとしちゃったもんなぁ。聴覚が復帰しない状態で自分の吐息だけが聞こえる、ギレーヌに声を掛けられても気が付かない。何回見てもたまんねーなこのシーン!私が詳しくないだけかもしれませんが、こんな演出を見たの初めてだったものでして。これで私は完全に無職転生のアニメの世界へ引き摺り込まれたんです。

 

典型的な異世界俺ツエーものなのですが、ちゃんと主人公の成長も描かれてるし、物語としても良く出来ております。じゃないとみんなこの作品を真似して異世界俺ツエーものなんて書かないもんね。みんなこの作品を真似したからこそ今のムーブメントが発生したんですから。この無職転生こそが始まりなんです。

 

少ない予算でやりくりする作品が多い中、ここまでお金を掛け、それをちゃんと高いクオリティへ還元出来ている「無職転生」、アニメに興味がない方にも是非見て欲しいです。あ、ドン引きするぐらいなエロネタは目をつぶってね。