鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにラムネさんのことばかり書いてます

りゅうおうのおしごと!13 白鳥士郎

読んでいるうちに何だか分からないけど物凄い違和感があり、中々読む速度が上がらず、読み終わるまでにかなりの月日を要してしまいました。なんで大好きなシリーズなのにこんなに読みたいと思えないのだろう?と不思議に思っていたら作者のあとがきで納得しました。

この巻のエピソード全部、主人公である九頭竜八一の視点で書かれてないからでした。外伝的な位置付けだったんです、この13巻。知ってて読んでれば受け止め方も違ってたかもなぁ。

f:id:toriid:20210109143105j:plain

www.sbcr.jp

三段リーグ最終日の翌日。
『史上初・女性プロ棋士誕生!』の報に日本全土が沸き立つ中、雛鶴あいは関西国際空港を訪れていた。
親友の水越澪が海外へ旅立つのを見送るために……沈みがちになる気持ちを隠して明るく振る舞うあい。
意外な人物との再会をきっかけに、事態は思わぬ方向へと動き出す。

「最後に一つだけお願いがあるんだ」

同じ頃、あいの師匠である八一は東京の病院にいた。満身創痍で眠り続けている銀子の傍らに……。
あい、澪、綾乃、シャル、そして天衣。五人の少女が集う最後の一日を描いた、約束の13巻!!
飛び方を覚えた雛鳥は今、大空へと羽ばたく――

りゅうおうのおしごと!13 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと!13 (GA文庫)

 

その違和感の正体が分からないまま読んでいたので、正直なんでつまらない訳じゃないのに読む気になれないのか自分でも不思議でした。いつもなら寝る前に2~3回ぐらいで読み切ってしまうぐらい好きなシリーズなのに、今回はそもそも読まないで寝てしまうことが多発してしまい、挙句の果てに違う作品を読んだりしてしまう有様でした。

作者のあとがきを読んでその違和感の正体が分かったのですが、もしかすると、単純にこの巻のエピソードが総じて面白くなっただけかもしれません。

私が欲しているのは将棋にまつわるエピソードで有り、そこにJS研が絡むとノイズが大きくなって邪魔だと認識してしまってるのかもなぁ。この作者の作品、大好きなんだけどロリネタやネットネタが邪魔に感じるのよね。それがあるから読む人も増えるしライトノベルなのかもしれないけど。

思い返すに一つ一つのエピソードは面白いんですけどね。本編ではなく短編集だと分かってて読めばまた印象が変わっていたのかもしれません。

何はともあれ、次巻が待ち遠しいです。早く本編が読みたい・・・!