鹿沼の隅っちょから

鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにラムネさんのことばかり書いてます

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅩ ーファイブ・オーディールズー 時雨沢恵一

毎回タイトルを打つたびに思うのですが長いよタイトル!仕方ないとは言え本当に長い。

一時期に比べてライトノベルの消費量が激減いたしましたが、それでも継続してシリーズを追いかけている数少ない作品の一つです。正直最初の頃の面白さは、私が慣れてしまったのか、あまり感じられなくなっておりますが、それでも読んでいて楽しいのでまだまだ継続して欲しいと思っております。

出来ればアニメの二期もお願いしたいのですが難しいかなぁ。

f:id:toriid:20200527204056j:plain

dengekibunko.jp

熾烈極まる第四回スクワッド・ジャムの死闘から約1週間後。『ファイブ・オーディールズ』、すなわち“5つの試練”の意味を持つ謎のクエストに、レンたちLPFMはボス率いるSHINCとの合同チームで挑む!
「今回のクエストは、スクワッド・ジャムとは違って対人戦闘はナシ。フィールドに出る“エネミー”を倒しクリアを目指す。そして一番重要なのは十二時ジャスト一斉スタートの“競争型”ってこと」
 第一のフィールドに転送されエネミーを警戒するレンたちが目にしたのは――「こんにちは、皆さん」。言葉を喋るかわいい犬で……!?

このシリーズの一番の良さは、銃でガンガン撃ち殺しあってもゲーム内なので何度でも繰り返せることです。死んでも復活します。でも痛みを感じます。そこら辺のバランスが抜群に良いんです。銃でドンパチやりあう物語にこれほどVRゲームの世界観が馴染むとは思いませんでした。発見であり発明であり革命だと思ってます。

そしてその調理方法も抜群です。さすが長年ライトノベル界で生き残ってるお方だと尊敬いたします。

しかし、これだけシリーズが続くとマンネリというか飽きというか慣れというか。あーまたこの展開かー、と思ってしまうのは致し方ないのですが、さすがに毎回同じような展開が続くと悲しい気持ちになってしまいます。

 

それでも。それでも彼女たちの物語を体験できるだけでも楽しかったりするんですけどね。今回は団体戦では無くてクエストをクリアする形式だったので、いつもとは違う感じに仕上がってはおりましたし。なんだかんだこのシリーズが続く限り、私は購入し読み続けると思います。

そういえば前回は俺なんて書いてたんだっけ?と読み返してみました。

toriid.hatenablog.com

私としては、このガンゲイルシリーズの次回作が判断する材料になります。読んでみて「またか」と思ったらもう読むことは無くなるでしょう。

あら、厳しいこと言ってるな過去の俺。「またか」とは思ったけど、それもまた良し!と思えたので次回作も購入しますよ!

 

ちなみに、今でのアニメOPをたまに聞いてたりします。好きだわぁ俺。


ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン OP 「流星」HD

って前も貼り付けた記憶があるけど気にしない。