鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにラムネさんのことばかり書いてます

おじいちゃんの記憶を巡る旅 感想

ニンテンドースイッチのゲーム『おじいちゃんの記憶を巡る旅』はパズル主体の雰囲気ゲーで人を選ぶけどどちらにせよ1,000円は高い気がするいろいろと勿体ないゲームだよ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/toriid/20180225/20180225082959.jpg

ec.nintendo.com

配信日 2018年2月22日

メーカー Broken Rules

ジャンル パズル

価格 1,000円


Old Man's Journey Launch Trailer

私はタイトル画面で完全に世界観に引き込まれました。

なんで英語タイトルはおじいちゃんの旅なのに日本語で「記憶を巡る」なんてネタバレをぶち込んでくるのかわかりませんが、このタイトルだとどんなゲーム内容なのかわからないから変更したのでしょうか。にしてもストレートすぎる気がしないでもありません。

 

f:id:toriid:20180225083337j:plain

ゲームとしての内容は、説明しづらいんだけど、上の画像のように山?地平線?の稜線を合わせて、行かせたいところにフラッグを立てると、おじいちゃんが勝手に動いて向かっていくけど、途中でその稜線が合ってなかったり障害物があったりすると行けないので、いろいろ頭を使っておじいちゃんを誘導してね、っていうパズルゲームです。

正直難易度は優しいのさらに下なので、苦手な人でも全く問題ないと思います、私は何か所か悩んだけどな!

 

f:id:toriid:20180225083712j:plain

このようなチェックポイントまでおじいちゃんを誘導すると勝手にベンチに腰掛けたりするので、ああ1面クリアしたんだな、と思うと画面が次のシーンに行かない、もう少し仕掛けがあったりしますが、これはやっていればわかると思います。

 

f:id:toriid:20180225083957j:plain

んで、1面をクリアするたび、おじいちゃんの記憶がよみがえり、このような画像が出来てきます、この画像がご褒美です。エロゲーだとエロ画像が出るところで、おじいちゃんの記憶が画像として出てくる感じです。

これがおじいちゃんの時系列で思い出すので、プレイヤーはストーリーを追っていくかんじになるんですね。エロ画像じゃないのに先が気になってまたプレイしてしまう訳です、エロ画像じゃないのに。

いやね、この画像なんですけど、音楽と相まって、本当に胸に来るんですよ、私は。

もしかすると私がおじいちゃんに近い年齢だからかもしれませんが(近くない)。

 

エンディングまで見ましたが、本当に良かった!購入してプレイして良かったと心から思いました。

おじいちゃんの過去と現在、そしてその先、年齢を重ねた私には胸に来るお話でした。

そしてそれを見せる絵と音楽が本当に素晴らしい。

 

f:id:toriid:20180222210233j:plain

ただね、この上のステージなどにあるギミックが好きになれませんでした。

何をどうやっても滝を越えられないんですよね、どうしてだ?と悩んでたら間違えてポインタを対岸にしてしまい、案の定滝を渡れないおじいちゃんが滝つぼに落ちたのですが、それで渡れてしまったんですね。

おじいちゃんをあえて滝に落とす前提ってなんだよ、と、いや良いんだけど、なんか私は好きになれませんでした。

 

あと価格ですね、1,000円て。

スマホだと360円ですよ。

プレイ時間ですが5時間ぐらい。

正直価格設定間違えてます、せめて500円ですね。

タイトル以外文字が出てこないのでローカライズも不必要ですし、正直スイッチユーザーを舐めてるとしか思えません、どうせ1,000円でも買うんだろ?って、買ったけどさ!

 

どちらかというと雰囲気ゲーというレベルではありません。雰囲気ゲーに全振りレベルです。私はストーリーも絵も音楽も本当に大好きで楽しめましたが、好き嫌いがはっきり出る作品だと思われます。

ただ言えることは、価格設定は間違えてると感じました。

人におすすめ出来るか?と聞かれたらおすすめしません、しかし、私は好きな作品です。

 

・良い点

 雰囲気

・悪い点

 価格

 内容の短さ

・評価

 4/10