鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにゲームのことばかり書いてます

アニメ『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』を見た

AMAZONプライムにて何の情報もなく思い付きで『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』を視聴しました。ただ単にサムネイルが目に入っただけなのですが、自分でも何故見始めたのかわかりません。1クールで終わるからとりあえずこれでいいや、って感じでクリックした記憶がございます。本当はサイコパスの3期を見ようとしていたのですが、「続きは劇場でね」を事前告知なしにやらかしたとの噂を耳にして躊躇してしまいました。

そんなどうでもいい理由で見たこの作品でしたが、結論から言いますと、期待してなかったからかもしれませんが、私は非常に楽しめましたし感動さえ覚えました。いやぁ視聴して本当に良かったわぁ。

http://shincho-yusha.jp/wp-content/themes/shincho-yusha/images/main-fv.jpg

超ハードモードな世界の救済を担当することになった新米女神のリスタ。チート級ステータスを持つ勇者・竜宮院聖哉の召喚に成功したが、彼はありえないほど慎重で?

「鎧を三つ貰おう。着る用。スペア。そしてスペアが無くなった時のスペアだ」異常なまでのストック確保だけに留まらず、レベルMAXになるまで自室に引きこもり筋トレをし、スライム相手にも全力で挑むほど用心深かった!そんな勇者と彼に振り回されまくる駄女神の異世界救済劇、はじまる!


TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」本PV

 

典型的な異世界&俺ツエーものです。正直この手の作品は溢れかえっていて見る意欲さえ湧かない筈なのですが、なぜか見始めちゃったんだよなぁ。「慎重すぎる」ってワードが新鮮だったのかもしれません。

実際のこの「慎重すぎる」って設定が他の異世界&俺ツエーものとは違うテイストを、ギャグだったり通常ではありえない展開を生み出しておりました。

とはいえ、私にはこのテイストが特別なものとは思えず、寧ろ1話で切ろうと思っておりました。しかし、エンディングのスタッフロールを見て驚きました。

リスタルテ 豊崎愛生

えええええ!あの女神あいなまさんだったんかい!!

別に声優オタクではないのですが、あのあいなまさんが、私の大好きな『けいおん!』の主人公である唯があんな女神役をやってるなんて!と興味を惹いてしまったんです。ある意味彼女のお陰で最後まで見続けられたと言っても過言ではないでしょう。(ちなみに愛生とかいてあきと読みます)

豊崎愛生 - Wikipedia

 

女神の顔などを崩した感じがトリガーっぽいと感じたので調べたのですが、制作会社のWHITE FOXも監督の迫井さんも作監の戸田さんも全然関係ないようでして。

ちなみにWHITE FOXって結構私の好きな作品ばかりで驚いております。『ティアーズ・トゥ・ティアラ』ってここだったのか。『はたらく魔王様!』の続編を今でも期待しております。

迫井さんが監督とした作品もなんだかんだ見てることを知りました。『怪物少女』『仮面のメイドガイ』『NEEDLESS』『天体のメソッド』『ガンゲイル・オンライン』と殆ど見ておりました。

このように実績のある制作会社および監督さんですが、この作品に関しては作画は良いとは言えず、というか一部崩壊してましたね。総集編もありましたので結構やばかったのかなぁ。私は作画に関してはあまり気にならない方なのですが。

 

内容としても、「慎重すぎる」設定から俺ツエー状態になってるのですが、その設定ごとぶち壊すような展開の数々にイライラしてました。冒険に出る前から筋トレしてレベルを上げまくってたのにいきなり強敵に襲われたり、鍛えたところで意味が無い痺れ薬を飲まされそうになったり、レベルMAXにしてるのにそれでも勝てるか分からない敵が出てきたり。

正直言いますと、10話までゲームをやりながらダラダラと見てました。可もなく不可もなく、箸にも棒にも引っ掛からない作品の一つとして私の記憶に残る程度の作品だと思っておりました。

しかし、11話を見て、評価が一変しました。

主人公が何故ここまで慎重な性格になったのか、女神の過去、封印の女神への違和感、様々な伏線が一気に解消されるこの構成に痺れました。そして涙ぐむ私がそこに!まさかこの作品で感動を覚えるなんて!

 

正直おすすめ出来る作品ではありません。作画も褒められたものではないし、キャラクターデザインも無駄にエロいし、ギャグも面白い訳でもないし。11話まで見続けられたらいいのですが、そこまで持つ視聴者がどれだけいるのか。

それでも、私はこの作品が好きだと書き残しておきます。偶然見ることになったこの作品ですが、出会えたことに感謝しております。感動したのは間違いなく事実です。

こういう作品があるから人気や知名度や売上等々低くてもアニメを見続けちゃうのよねぇ。1話切りや3話切りじゃその作品の評価は正確に出来ませんから。

 

蛇足として。

EDの曲が好きです。自分でもどの部分が良いのか分かりませんが、とにかく好きなようです。声が好きなのかなぁ。


TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」ED映像