鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにゲームのことばかり書いてます

【東京モーターショー2019】スバルを見習え!と思わずにはいられなかった、他メーカーのやる気の無さにガッカリした

まずはネガティブな点から。

 

ホンダのブースに行ったとき、一角に多くの人が集まっておりました。何があるのだろう?と覗こうにも人が多くて近づけません。それでも何とか近づいて、そこに車があることは分かったのですが、何の車なのか全く見えないんです。

どうもNSXが展示されていたようです。

しかし、車高が低いから姿が全く見えない。しかも台の上でもなく床にそのまま置いてあるだけだから人が集まってしまうと近づくことさえ出来ない。

ほぼすべての車がこのような「ただ地べたに置いてあるだけ」の展示でした。多くの人がごった返す中でこの展示方法、本当にメーカーは車を見て貰おうって気持ちがあるのでしょうか?トランクの開け方が売りのとある車なのに人が多くて開けられないとかどうなの?とあるブースではドアに「人が多くて危険ですので開けないでください」なんて注意書きが書いてあったし。

 

ステージでの展示に関しても、見て貰おうって気持ちを微塵も感じない設計ばかりでした。

まずステージが低い。前の方に陣取ってる客を座らせない。何時からイベントが始まるのかアナウンスしない。

トヨタのブースは人でごった返しておりまして、そこへ入ることも出ることも難しいぐらいの大渋滞が発生しておりました。ラーメン屋が繁盛しているように見せる為に店内の椅子を減らしてわざと行列を作ってるのと同じ演出としか思えませんでした。

この記事にある画像のモデルさんの顔だけは見えましたが、車体は全く見えませんでした。

https://diamond.jp/mwimgs/a/b/670m/img_ab842e088011152fdf34cac1e61fd2c794574.jpg

この記事にもありますが、メーカートップはやる気があるけど現場サイドはとりあえず仕事をこなすって気持ちなんでしょうね。

特に若年層のモビリティへの関心が薄れていることが与える自動車業界へのダメージが大きい。業界盟主のトヨタでさえ、「待遇の良さや安定感に魅力を感じてやってくる人材は多いが、自動車の未来を切り拓いてくれるのではないかと期待するような人材にはことごとく逃げられているのが実情」(トヨタ幹部)。

優秀な人材は来てくれるでしょうが、本当に車が好きでトヨタに入社する人はいないんでしょうね。そういう人はまず入社出来ないでしょうし。

掃除機で有名なダイソンは、社長を筆頭に本当に家電が大好きで開発してるのが感じられるんです。でもパナソニックや日立にはそれが微塵にも感じられないんです。だってそこの社員は家電が好きで入社した訳ではないから。

一部上場だから安定してるから給料が良いから入社してる人ばかりです。その会社で取り扱ってるモノが好きだから入社するなんて人、日本ではいないでしょうね。

車好きの人が車を作る会社に入社しないからこそ、こういう展示の仕方にも出てしまうのではないか、と勘繰ってしまいました。

 

その点、スバルは素晴らしかった!この会社の人達は車が好きなんだな!と感じられました。多くの人に見て貰いたいって気持ちが伝わりました。

f:id:toriid:20191029062312j:plain

奥のステージに人が吸い込まれるように移動していたので流れに任せて付いていったら、新型のレヴォーグが置いてありました。

f:id:toriid:20191029062825j:plain

腕を上げて撮影した画像です。人が多くて満足に見えません。見えないんじゃ意味が無いから移動しようかと思った時に音楽が鳴り始め、ショーが始まりました。

そして度肝を抜かれました。

f:id:toriid:20191029063138j:plain

床が斜めに持ち上がった!そして映像が映し出された!なのにクルマが回転してる!なんだこれ!!すげぇ!!!

f:id:toriid:20191029063614j:plain

下の動画に所々出来てますので確認してみてください。本当に凄かったんだから!


SUBARU TOKYO MOTOR SHOW 2019 movie full ver.

私はスバルから、車に対する情熱を愛をそして未来を感じました。この人たちは本当に車が好きなんだなって受け取りました。

 

東京だけではなく先進国でのモーターショーが凋落した理由は、単純に「車離れ」ではなく、モーターショーそのものが「ツマラナイ」からではないでしょうか。

車好きな私でさえ不満を持ったんです。車が好きではない人たちは間違いなく「ツマラナイ」し、次回も来てみたいなんて思わないし、車に興味を持ってくれません。

メーカーが上から目線なんです。偉そうなんです。思い上がってるんです。自動車メーカーは今存続の危機にあることを理解しているのでしょうか?トヨタの社長の章男さんはそれを感じていていろいろ頑張ってると見受けられるのですが。

その章男さんが旗を振って今回のモーターショーは今までとは違うコンセプトを提示出来たのは非常に評価できると思ってます。しかし、中身が伴ってなかったとしか思えません。

次回のモーターショーの時までに各メーカーの社員が気が付くのかどうか、それを見極めるためにもまた来ようと思いました。

 

補足として。

トヨタのモデルさんの顔しか見えなかったと書いたのですが、今確認したら手を上げて無理やり撮影した画像がありました。

f:id:toriid:20191029063910j:plain

ステージの低さ、すぐ隣に行列が出来るブースを配置、前列を座らせない等々、見せる気が無いとしか思えませんよね。誰が考えたんだこれ。

トヨタがこれなんだもの。章男さんの情熱が全く社員に届いてないのが残念でなりません。