鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにゲームのことばかり書いてます

ゲーム『ファイアーエムブレム風花雪月』に没頭しているのでブログの更新が滞っております

ファイアーエムブレムを第一作からプレイしている古参ファンです。このシリーズをプレイしたいがためにゲームキューブを購入したぐらいのファンです。もちろんWiiも買いましたとも。

しかし、そのWiiで発売された『暁の女神』がクリアできず、放置状態のまま年月を重ねてしまいました。

私の中でファイアーエムブレムへの情熱は潰えたと思っていたのですが、DSのリメイク作品を経て、3DS『覚醒』を購入しクリアしたことで再燃しました。したはずだったんです。したと思っていたんです。

しかし、その後の『if』も『Echoes』も購入どころか興味が全く湧きませんでした。ふと思い出して評判を調べても、かなり酷い出来であることがわかり、益々興味を無くしていきました。

 

ニンテンドースイッチの購入により再びゲームが楽しいことを再確認できたときに、新しいファイアーエムブレムの告知がありました。


ファイアーエムブレム 風花雪月 [Nintendo Direct 2019.2.14]

「学園もの」

買う気が失せました。

タッチペンでなぞって好感度を上げる仕様に嫌悪感があった私。恋愛だのホモだのそういうのいらない!一度死んだら蘇らない設定から生まれる緊張感が売りじゃなかったっけ?そんな考えは私が古いファンだから?

私の知ってるファイアーエムブレムは死んだんだと思いました。

 

思ってたのですが。

6月のニンテンドーダイレクトで流れたPVを見て考えを改めました。


ファイアーエムブレム 風花雪月 [E3 2019 出展映像]

なんだこれ。

これだ、これだよこれ。俺が求めていたのはこれなんだよ!

同じ学園に居たもの同士が己の正義をかざして戦うとか!こういうのを求めていたんだよ!

 

豪華版が届きました。

プレイしてみました。

学園が広くて探索が面倒。やはりギャルゲーっぽい。3すくみがない。戦術が今一つ理解できない。

なのに、プレイしていくうちに「これは俺の知ってるファイアーエムブレムだ」と認識していくんです。そしてその世界に没頭している私がおりました。

 

気が付くとブログを更新していなかったり、そもそも書いてなかったり、そんな状態です。そしてこれは今後も続くでしょう。だって1週目もまだクリアしてないんですよ!それをあと3週しようと思ってるんですよ!

今月末発売される『アストラルチェイン』までには無理だろうな。もしかすると9月の『ゼルダの伝説夢を見る島』までにも無理かもしれない。

ああ、時間が足りない!

 

好きになれるはずがないと思ってたキャラにも愛着が湧くどころか好きになってる私がいて困っております。この目つきの悪い陰湿なヒューベルトを私が好きになるとは思いませんでしたよ!

f:id:toriid:20190810221843j:plain

さて、プレイしてきます。夏季休業中に2周目をクリアしておきたい(無理