鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

これでいいのか栃木県 岡島慎二・鈴木士郎

本屋で見かけたら何故か子供が欲しがったので購入、ついでに読んでみました。

f:id:toriid:20181124075142j:plain

帯の絵は「LRT」「餃子像」「三猿」は分かるけど、バスガイド?はなんだ?観光立県の象徴として描かれてるのかな?

気になって裏も見てみた。

f:id:toriid:20181124075534j:plain

帽子とマスクした女性工員は工業立県の象徴?ヤンキーはまあ分かる。U字工事もわかる。

タバコ吸ってるおばはんが謎だ、おそらくデリヘル嬢なんだろうけど。宇都宮は日本一のデリヘル都市なんですよ、この本では一切触れてませんでしたが。

 

そんな訳で、そんな闇を分かった上で書かなかった気がするこの本、栃木県民の私からすると知ってる事ばかりでしたが、一般的な栃木県民からすると結構楽しめると思います。もちろん他県の人は楽しめますよ!

主要な市町村をピックアップした章が私は一番面白かったです。鹿沼市の無理やり捻り出して書いた感も好きです。

 

最後に書かれていた未来への提言は、著者が茨城県民だとは思えない程の「愛」を感じました、もしかすると茨城県民の余裕から来ているのかもしれませんが(偏見)。

私としても、宇都宮の「LRT」には期待しております。西口も早期着工を望んでおります。

また、バスケットだけではなく、サッカーも自転車もプロチームがあります。これらを含めてもっと盛り上がってほしいです。国体の為に作られている新しい体育館がバスケの新しいホームになるのかな?サッカーは専用スタジアムじゃないから清原のままでいいです。自転車は毎年大会を開催しつつ、走りやすい道路に改良していくことを望んでおります。せめて鬼怒川土手沿いをずーっと信号無しで走れるようになりませんかね?

 

栃木県で生まれ育ったものの今一つ把握できず、他県に住んで初めてその特色を理解できたことにより、栃木県を好きになれた私。他の方にも、自分が生まれ育った県がどんな特色を持っているのか、是非知ってほしいと思っております。そのきっかけとして、この本を読むのも有りかなと思いました。

 

ちなみに付属していた栞が餃子の形でした。芸が細かい。

f:id:toriid:20181124084949j:plain