鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

オーイズミアミュージオに対する不信感がまだ払拭できてない

オーイズミアミュージオという会社をご存じでしょうか。

株式会社オーイズミ・アミュージオ

オーイズミ・アミュージオ - Wikipedia

株式会社オーイズミアミュージオ (Oizumi Amuzio inc.) は、東京都台東区東上野に所在する海外ゲームのローカライズ&パブリッシング、データディストリビューション(オンラインコンテンツ配信)を行なう会社。

2013年6月に株式会社オーイズミの子会社となり[1]2017年11月1日付で株式会社インターグロー(intergrow)から社名変更した。

 

元々インターグローという会社でした。そして、評判が悪い会社でした。会社名が変わっても、そこは変わることはありませんでした。

海外ゲームのローカライズが本職なのに、その翻訳があまりにも酷くてネタになるレベル。

さらに海外版よりも圧倒的に高い価格設定にしたり、標準についている特典グッズをバラして販売したり、良い話を聞いたことが無い、ある意味珍しい存在です。

海外発の人気ゲームが日本でも発売になるとなった時、私どもはまずどこがパブリッシャーになるのかを気にするんです。

フライハイワークスなら万歳します。

架け橋ゲームズなら改変しないでそのまま楽しめると喜びます。

オーイズミアミュージオだとガッカリします。

そんな、存在なのです。

 

switchsoku.com

なのですが、まさかのシャンティ再翻訳!あり得ない!今までのオーイズミアミュージオだったら絶対にありえない!

確かに同じシリーズのハーフジーニーヒーローもおかしな日本語はありませんでしたが、まさか再翻訳するなんてねぇ、あのオーイズミが、元インターグローが。

この会社の何かが変わったのでしょうね、良い方向に変化したことは非常に良い事なんです、なんですが、まだ、どこかで疑ってします私がおります。

 

そんな中、こんな記事が!

ninten-switch.com

『Stardew Valley』のパッケージ版『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が、PS4Nintendo Switch向けとして2019年1月31日に発売されることがパブリッシャーのオーイズミアミュージオからアナウンスされました。

 

えー!

なんだろう、すでに日本語に訳されたものが発売されているのに、オーイズミが絡むことによって募ってしまうこの不安感は。

つかなんでオーイズミなの?!もしかして、元々日本語に翻訳したのがオーイズミだったの?

 

どちらにせよ分かったことは、私がこのオーイズミアミュージオに不信感があるってことでした。

ちなみに東京ゲームショウでも立ち寄ってはいるのですが、プレイすることなく通り過ぎてしまいました。なんだろう、もしかすると好きなのだろうか。

toriid.hatenablog.com