鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

王とサーカス 米澤穂信

大好きな米澤さんの「王とサーカス」、文庫版が出ましたので購入即読み切ってしまいました。

毎回勿体ないのでゆっくり読もう!と思うのですが、どうしても先が知りたくて速読まがいの読み方でページを進めてしまいます。それでも今回は比較的時間を掛けた方だとは思うのですが。

f:id:toriid:20180927182123j:plain

www.tsogen.co.jp

さよなら妖精」に出てきた大刀洗万智が主人公ですが、別にこの本から読んでも問題ございません。あの時彼女は高校生でしたが、この作品では28歳フリーライター成り立てです。

その彼女が2001年のネパールで、王族が殺害されるという事件があった中、とある事件に遭遇します。

 

ネパールの王室で事件って本当にあった事だとは知りませんでした。

ネパール王族殺害事件 - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/28/Kathmandu_palace.jpg/800px-Kathmandu_palace.jpg

王宮としては質素と書かれていましたが、画像を見ると本当に王宮に見えませんね。

 

ネタバレなしの感想ですが、この読後感、正しく米澤さんだわぁと思いました。

この後味の悪さ!主題は解決してるけど他の件は未解決・放置・解決策無し!

良い人がいっぱい出てくるけど、そうでもない人がさらに出てくる。人の悪さが滲み出てくるこの感じ、間違いない、米澤さんです。

 

ミステリーとしても素晴らしいです。子供の頃に江戸川乱歩から入ってきた私には新鮮です。何冊も彼の作品を読んでおりますが、毎回新鮮な気持ちになります。これが今のミステリーなんだな、って。

私が一番唸ったのは、冒頭に出てくる「ネパールの料理は美味しいけど温い」ですね。このような日常系のミステリーをさくっと回答を出してくる感じが新鮮でたまりません。私がただの時代遅れの感性なのかもしれませんが。

 

文庫本の帯に3冠!と書いてありますが、あまり期待して読まない方がいいと思います。普通に読んで楽しむ感覚で挑んで欲しいです。

正直言いますと、米澤さんのファンである私ですが、「王とサーカス」、なぜこれほど評価が高いのか分かりませんでした。もちろん面白かったですし素晴らしかったのですが、軒並み1位を取ってしまうパワーを私は感じませんでした。

私のセンスが無いだけなのかもしれませんけどね。

個人的には「さよなら妖精」の方が好きです。衝撃的だったなぁ本当に。