鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

Hollow Knight(ホロウナイト) 感想

ニンテンドースイッチのゲーム「Hollow Knight(ホロウナイト)」はいわゆるメトロイドヴァニアな探索2Dアクションで見た目アニメ調でかわいらしいんだけど鬼のような難易度でこれでもかと心を折ってくる地獄のようなゲームだったよ!俺にはな!!

f:id:toriid:20180825070625j:plain

ec.nintendo.com

配信日 2018年6月13日

メーカー Team Cherry

ジャンル アクション

価格 1,480円

www.youtube.com

いわゆるメトロイドヴァニアです。

d.hatena.ne.jp

コンピュータゲーム用語で、2D横視点(サイドビュー)スクロールの探索型アクションゲームを指す。

メトロイドヴァニア”(Metroidvania)は海外で生まれた用語で、『メトロイド』(Metroid)と『キャッスルヴァニア』(Castlevania)を組み合わせた造語。『キャッスルヴァニア』は『悪魔城ドラキュラ』の海外版タイトル。

 

そして見た目がかわいい。美しい世界。

f:id:toriid:20180825065542j:plain

 

ってあれ?なんかダークな感じ?

f:id:toriid:20180825065717j:plain

f:id:toriid:20180825072855j:plain

ってマップがこれでもかと殺しに来てるんですけど!また外人の大好きな触っただけで即死のトゲが!

さらにボスが鬼のような強さなんですけど!倒す度にスクショを取ってしまうぐらいの難易度なんですけど!

f:id:toriid:20180825070038j:plain

 

そんな2D探索アクションの「ホロウナイト」。最初に言っておきます。名作です。

これがインディーで1,480円でプレイできるなんて信じられません、というか7,000円とかで販売してる日本のメーカーに爪の垢を煎じて血管に直接ぶち込みたいです。

美しいグラフィック、個性的でかわいらしいキャラクターデザイン、良く出来たマップと仕掛け、ほぼ思い通りに動く操作性、雰囲気に合ったBGM、世界観、どれを取っても一級品です。


しかし!

私には、鬼のような難易度でした。何回諦めかけた、というか諦めた事でしょうか。

とくにボスが強い!というか初見で「これ倒せるの?」と疑問に思います。

クリアした訳で、最終的にはそれらのボスを倒した私なのですが、一番多いリトライ数はおそらく100回越えてます。

死んだ回数が表記されないのでわかりませんが、クリアまでに死んだ回数は軽く2,000は越えてると思います。

その度にセーブポイントからボスのいる場所まで移動しなければならないんです。

これがどれだけ苦痛だったか!

f:id:toriid:20180825071250j:plain

フンコロ先生にも何十回も殺されました。

 

そしてマップ。

トゲトゲに触ると一発即死は「セレステ」で慣れてるので精神的には何とかなりましたが、死ぬ度にセーブポイントに戻されたあげく死んだ場所に漂う魂を倒さないと所有してたお金をロストしてしまうんです。なのでその道中の緊張感たるや!

初めての場所を潜っていくときの緊張感は本当に堪らなかったです、ワクワクドキドキで冒険してる感が半端なかったです。

んが、私、この手の探索ゲームって苦手なのでしょうか。

新しいアクション(2段ジャンプとか壁ジャンプとか)を覚えたらあそこ越えられるじゃん!って思い浮かばないというか、覚えてないというか、記憶力が欠如してるというか。

お陰でどこに向かえばいいのか、何をすればいいのか、全く分からないまま彷徨ってました。

なので、すみません、攻略サイトを見ながらじゃないとまともにプレイできませんでした。これは私の能力の無さだと思います。

f:id:toriid:20180825072007j:plain

こうやって地図を手に入れたり表示したり出来るんですけどね、全然分からなかったです。

f:id:toriid:20180825072109j:plain

バシューンと横方向に障害物が無い限り飛んで行けるアクションを手に入れても、これをどこで使えばいいのか思い浮かばないんだからなぁ。私にはメトロイドヴァニアは向いてないのかもしれませんね。

f:id:toriid:20180825072302j:plain

上の画面はファストトラベル中の画面です。

こんな感じで広いマップを行ったり来たり出来るしセーブポイントもあるしHP回復する温泉なんかも配置されてるし、意外と親切設計なんですどね。

 

様々な効果のあるアイテムを装備したり、鍛冶屋で武器を強化したり、ここら辺の強くなってる感も非常にワクワク出来ました。

f:id:toriid:20180825072652j:plain

鍛冶屋のおっさんが武器を強化してるシーン。同じ画像が2枚あったので、当時の私はそのたびに嬉しくてスクショ撮ってたんだなぁ、と笑ってしまいました。

 

ラスボスを倒したときは嬉しさよりも、「終わってしまったか」と感慨深い訳でもなく、「やっと修行から解放されたか」と思いました。本当に苦行でした。

f:id:toriid:20180825073121j:plain

またこの先の冒険にてお会いしましょう。

絶対に嫌だ!もうこんな苦行はしたくないんだ!!

f:id:toriid:20180825073249j:plain

37時間も費やしてラスボス倒したのに達成率74%かよ!

まだまだ楽しめそうですね、いや、もういいかな・・・。

 

って無料で大型アップデートがありました!

jp.automaton.am

無料って!ただでさえ安いのに無料でDLCって!!どんだけ太っ腹なんですか!

 

世界的に評価が高いというか今年度NO.1の声もあるこの「ホロウナイト」。

私のようにアクションが苦手ではなく、私のように探索が苦手でなければ、絶対に購入してプレイすべきゲームです。それは本当に間違いありません。

難易度が鬼と書きましたが、それでも私はクリアできています。恐らく普通のスキルを持ってる方なら、問題なくクリア出来るでしょう、後は精神面だけです。

オススメします、というか購入してください、絶対に損はしません。

 

・良い点

 探索する面白さ

 世界観・グラフィック

 操作性の良いアクション

・悪い点

 殺しに来てるマップ

 鬼のような難易度のボス達

・評価

 9/10