鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

ダーケストダンジョンを予約しなかったのはその強気な価格設定が原因

予約しようと思ってたのですが、発売日前後でゲームが溜まってる状況が予測付いたので躊躇ってるうちに過ぎてたのですが、やっぱりプレイしたいんだよなぁ、「ダーケストダンジョン」。

jp.automaton.am

www.youtube.com

「ストレスを管理するローグライクダークファンタジーRPG」って説明でもう私ごはんおかわり出来るぐらい興味ジュルジュル状態です。

何か新しいことをしてるな!と察知できるだけで欲しがってしまいます、お金を振り込みたくなってしまいます、お金に余裕のない人生を送っておりますが。

 

ただし、最後の最後で私が予約しなかった最大の要因がございます。

設定価格です。

 

>価格はパッケージ版が各4800円で、ダウンロード版が各4500円(いずれも税別)。

 

いや高いわ!

スイッチを購入して以降、価格と内容との費用対効果を意識するようになってきております。

だってダウンロード専用ソフトでもとんでもなく面白いソフトがいっぱいあるんだもの。

そしてそれらが基本的に500円とか1,000円とか1,500円とか、高くても2,000円とかなんだぜ?

5,000円とか7,000円とかになるとさすがに躊躇してしまいます。

ましてやそれが任天堂以外のメーカーだったら。

 

ホロウナイトとか2,000円以下だもんなぁ。

インディーゲームでもとんでもない作品がゴロゴロとスイッチでも出てて来ている昨今、強気な価格設定のものには中々手が出せません。

そう考えると「オクトパストラベラー」ってよく売れたよな、やはり先行体験版が効いたのかもしれませんね。

 

そんな訳で「ダーケストダンジョン」、プレイしたいけどその価格設定のお陰で手が出せません。こういう作品は、結局セール待ち状態になってしまうんですよねぇ。

多くのゲームを購入しては積んでいる私も、すでにそんな状態になっております。つかセールになっても購入できないぐらい抱え込んじゃってますけどね!

「ソウルアンドサンクチュアリ」と「デッドセル」はセール待ちリストに入ってしまいました、セールしないと思うのですが。

そんな状態なのに来ちゃいました、「大神」。

f:id:toriid:20180810063903j:plain

あー、時間が圧倒的に足りない。

とりあえずオクトパストラベラー、サブストーリーはおそらく全部片づけたからな、もう少しで終わるだろう。そしたら滞ってるゲームを鱈腹やりまくるんだ・・・!