鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

私が「朝日ぎらい」な理由がわかりました 

この記事は素晴らしい!と思ったらまた橘玲さんだった。

gendai.ismedia.jp

そもそも朝日新聞誤報や、クオリティの低さが原因だと思っていたのですが、それはあくまで発行部数減少の原因であり、「朝日ぎらい」の原因ではないと言っております。

 

世の中のリベラル化がどんどん進んでいくと、生きづらさを感じる人も増えていきます。というのも、「ダブルスタンダード」と見なされる言動が激しく攻撃されるようになるからです。

 

そういえばそうですね。お前が言うな、ってツッコミが一番激しいかも。

 

朝日新聞に代表される「日本のリベラル」はダブルスタンダードの罠に陥りやすい。例えば今、リベラル系のメディアは、政府が進める裁量労働制の拡大に反対の論陣を張っていますが、テレビも新聞もそれを報じている記者たちは裁量労働制で働いています。また、リベラルは男女のジェンダーギャップを認めませんから、リベラルを標榜するメディアは当然、役員や管理職における男女比率がほぼ同じはずですが、実際はマスコミ各社の幹部は「日本人」「中高年」「男性」という属性で占められ、なんの多様性もありません。

 

思いっきりダブルスタンダードです。そりゃあ信用されないわ。

って朝日だけじゃないと思いますが。

 

戦後の「朝日的リベラル」は、「愛国」と「軍国主義」を同義であるとして厳しく批判してきました。その結果、「生まれた国をなぜ愛してはいけないのか」という素朴な疑問にうまく答えられなくなり、「愛国」を右翼の独占物にしてしまった。こうして日本的リベラルは「愛国でないもの」――すなわち「反日」のレッテルを貼られることになったのです。ここに、「朝日ぎらい」の大きな理由が潜んでいることは間違いありません。

 

はい、間違いありません、おっしゃる通りです。

私は鹿沼が好きです。 ←OK

私は栃木県が好きです。 ←OK

私は日本が好きです。 ←NG

私は地球が好きです。 ←OK

この状況、おかしいですよね。なんで日本が好きって言えないんです?好きと言ったら「ウヨクだ」って非難されるんです?

私としては、もう右翼でもネトウヨでも構わないと思っていたのですが、この記事を読んで納得いたしました。

そうか、朝日は新しい愛国の物語を作れなかったのかと。

 

自民党は今リベラルです。

 

目次の最初には「安倍政権はリベラル」とはっきり書いてあります。

 

と橘さんも書いてます。

そして、立憲民主党憲法を守ろう!と言ってますので保守的です。

どう考えてもリベラルではありませんし、自らもそう言ってます。

www.hochi.co.jp

そんな訳で、どうも私は「愛国リベラル」のようです。

 

アメリカでは、リベラルな知識人でさえ「デモクラシーを守るために戦い、勝利した」というシンプルな「正義の物語」を奉じていますが、世界的にはこうした「愛国リベラル(Patriotic Liberal)」はごく当たり前の政治的立場です。なぜなら、国を愛していない者には国について論じる理由がないから。

 

感動、こういうのを言い切る人が出てきて本当に感動です。

 

なぜなら、国を愛していない者には国について論じる理由がないから。

 

もう説明はいらないですね、この一文で終わりです。