鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

米澤穂信「真実の10メートル手前」

私の大好きな作家さんの本がたまたま目に入ったので即購入、気が付いたら読み切ってしまいました。

f:id:toriid:20180710232758j:plain

さよなら妖精」に登場していた大刀洗万智が登場するこの短編集。

おかしい、俺「さよなら妖精」が大好きで、特にラストの思考が大好きなのに、大刀洗ってキャラが出来てきたことを全く覚えてないってどういうこと?俺本当にちゃんと読んだのだろうか・・・。

なので何一つ思い入れのないまま読み始めたのですが、気が付いたらたった数時間で読み切ってしまいました。勿体ない事をしてしまったぁぁぁああ!!

 

「満願」もそうでしたが、最近の米澤さん、無駄を削ぎ落すだけ削ぎ落しちゃうから、読んでて頭にガンガン入ってきます。それが心地いい。

昔からあまり余計な描写を入れなかったけれどもね。

そして昔からダークというか人の嫌な部分を出してくる感じ、堪りません。

 

・真実の10メートル手前

少ない情報から答えを導き出す典型的な米澤さんの手法、大好きです。

・正義感

ネタバレになるのであまり書けませんが、この手法って珍しいかも?あったっけ?

・恋累心中

そこまで嫌な気持ちさせる必要ないじゃん!と思いながら、米澤さんだわぁとニヤニヤしました。

・名を刻む死

もしかすると私がこの老人かもしれません。そして少年かもしれません。一番胸に来ました。

・ナイフを失われた思い出の中に

全くそこは考えてもいなかったよ!とひっくり返りました。

・綱渡りの成功例

そこかよ!と思いつつ、ミステリーの可能性を見た気がしました、錯覚かも。

 

と、短編ごとにネタバレなしで感想を書いてみました。書いた意味が無い気がしてきた。

大刀洗万智を全く覚えてなかったので、目が鋭い髪の長い表情の乏しい女性ということで、なんとなくシンゴジラの彼女を思い浮かべてました。

http://livedoor.blogimg.jp/henshinhero/imgs/1/4/14d02a1c-s.jpg

しかし、最後の短編にて、大学の後輩が思いっきりストレートに「美人」って単語を使ったので驚きました、がもう修正できませんし、よく考えたら尾頭さんも美人なのでOK。

 

私個人が、ミステリーってこういうのもあるのか!と驚かせてくれた米澤さん、今後も作品が出るたびに購入しますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ちなみに驚いたのは、小市民シリーズであった牛乳パックのミステリーです。何回もあそこだけ読みまくった思い出。