鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

yoku's Island Express(ヨクのアイランドエクスプレス) 感想

ニンテンドースイッチのゲーム「yoku's Island Express(ヨクのアイランドエクスプレス)」は2Dオープンワールドメトロイドヴァニアピンボールアドベンチャーゲームを目指して作られたそうですが単語一個一個は意味わかるのに並べられると全然意味がわかんねーけどやってみたら間違いなく2Dオープンワールドメトロイドヴァニアピンボールアドベンチャーゲームの傑作だったよ!

ec.nintendo.com

配信日 2018年5月29日

メーカー Time17

ジャンル 2Dオープンワールドメトロイドヴァニアピンボールアドベンチャーゲーム

価格 2,150円

www.youtube.com

スイッチでの紹介画像だけではどんなゲームなのか全く分かりませんでしたが、AUTOMATONの記事を読み、そこにあったこの動画を見て確信しました、これは新しい!面白いはずだと!

jp.automaton.am

これがタイトル画面、主人公はふんころがしです、ってふんころがしかよ!

一見白いボールに見えますが、白いボールです、いや本当に白いボールなんです、違う!うんこじゃないから!!

f:id:toriid:20180602075332j:plain

アイコンはこんな感じ、ってICEYにどうしても目が行ってしまうな。

f:id:toriid:20180531063609j:plain

背景がとても美しいです。大手ゲームメーカーじゃないの?ってぐらい細かいいい仕事してます。

キャラも海外の作品にしてはほんわかかわいい系が多いです。

このデザインなら日本人でも受け入れられるどころか人気出てもおかしくないレベルです。

f:id:toriid:20180602075513j:plain

マップ上にある望遠鏡をのぞくと付近のマップがおおよそ見えたりします。

見てもどういうルートで目的地までたどり着くのか全く分かりませんが、こういう試みは、メトロイドヴァニア好きだけど道に迷う私からすると非常にありがたいです、なんとなく気持ち的に楽になります、結局分からなくなって道に迷うんだけどね。

f:id:toriid:20180602075740j:plain

見覚えのあるものがありますね。

こういう小さなピンボール要素から、

f:id:toriid:20180602080004j:plain

画面いっぱいのピンボール要素まで、さまざまな仕掛けが2Dのオープンワールドメトロイドヴァニア的な探索をしながらアドベンチャーするゲームです。

ほら!2Dオープンワールドメトロイドヴァニアピンボールアドベンチャーゲームでしょ!

f:id:toriid:20180602080239j:plain

しかもメトロイドヴァニアですから隠し要素ややりこみ要素もございます。こんな隠し部屋もあったりします。

f:id:toriid:20180602080333j:plain

 

ギミックとしては基本ピンボールです。

そしてメトロイドヴァニアは新しい技やアイテムを手にすることによって今まで行けなかった場所へ進めるのが醍醐味ですが、このゲームももちろんあります。

音を出したり、魚にボールを咥えさせて水の中を潜ったり、ススに花を齧らせて回転したり。

f:id:toriid:20180602080601j:plain

この画像、回転してるのですが、うん、これじゃ意味わからないよね。文章で書いてても意味わかんねーよなぁ。動画にはあるので「ああ、これかもなぁ」と察してください。

そんな訳でちゃんと、というか見た目でごまかされますが、かなり硬派なメトロイドヴァニアしてます。

でも親切設計でもありまして、目的地をちゃんと全体マップに表示してくれます。

これのお陰で再開時に「あれ?俺何してた途中だっけ?」と悩むことがありませんでした。

スチームワールドティグ2ではよくこれで無駄な時間を使いましたので、本当に助かりました。

f:id:toriid:20180602080905j:plain

 

このゲームがいかに2Dオープンワールドメトロイドヴァニアピンボールアドベンチャーゲームであるかを説明しましたが、魅力はそれだけではございません。

私個人的にはこの世界観が凄いというか、考えた奴の頭が心配です(褒めてる)。

まず主人公がふんころがしってのがぶっ飛んでます。

なぜかなめくじは爆発します。

カエルが宇宙へ飛ぶロケットを作ってますがそれは宗教活動です(OPUSかよ)。

うさぎがススを洗ってます(意味不明)。

なんかいろいろおかしいんです。

 

とくにこいつがおかしい!このクエスト作った奴大丈夫か!(誉めてる)

「この山を登るには種と温泉のお湯と新鮮なフンが必要だ!」と言われてクエスト開始。フンってかうんこかよ!と思いながら周辺を探索したら蝙蝠がぶら下がってる。こいつかと思って音で驚かせたらうんこした!

f:id:toriid:20180602081453j:plain

ドボドボドボ。って無駄にリアルだな!

下にいるミーアキャットみたいな奴がそれで持って行くのかと思ったら微動だにしない。仕方がないので話しかけたら、

f:id:toriid:20180602081557j:plain

うるせーよ!早く持って行けよ!

とりあえずクエスト主へ報告しに行ったら「あとは新鮮なフンが必要だ!」みたいなこと言われて「あぁ?!もう蝙蝠にうんこさせたからフラグ立てただろうがぁ!」と思い戻ったらミーアキャットがまだうんこの前に棒立ちだったよ!んで話しかけたら、

f:id:toriid:20180602081557j:plain

いいから持って行けよ!!

仕方がないのでうんこのところでAボタン押したら、「持ってってくれるの?やっぱりうんこ得意だもんね」みたいなこと言われた気がする(妄想)。

こんな感じでなんだか変な世界観というかキャラクターばかりです。

この世界観、私大好きです大好物ですたまりません。

 

ちなみにクリアしましたが、やりこみ要素もございます。

おそらくこの%が達成率だと思うのですが、

f:id:toriid:20180602083845j:plain

半分も行ってないのかよ!

クリアは誰でもできるけど、コンプリートは鬼畜レベルって設定は任天堂リスペクトですかね。

 

思わず衝動買いしてしまったこの作品でしたが、本当に出会えて良かった!

「2Dオープンワールドメトロイドヴァニアピンボールアドベンチャーゲーム」という新しい試みを、ここまで完成度を高くした形で世に出すことが出来た奇跡に感謝します。

素晴らしい!こういう意欲作大好きです。

多くの人にプレイしてほしいのですが、知名度が全然ないんですよねぇ。

とにかく動画です、紹介動画が無いと売れません。ニンテンドースイッチ上に動画が無いと、特にこういうどんなゲーム内容なのかわかりづらいものは絶対に必要です。

そしてその動画の内容がさらに重要であると思ってきました。

ウィザードオブレジェンドがなぜ売れたのか?私はあのスタイリッシュアクションゲームだと思わせた紹介動画が最大の要因だと思っております。

 

そんな訳で興味を持った方は是非プレイしてみてください。

私の中では現在1位のブラッドステインドよりも2位のウィザードオブレジェンドよりも面白いと言い切ります。

2,000円越えると手が出し辛いのもわかりますが、新しい事に挑戦した彼らを応援するためにも、是非購入してください。

私はおススメします。

 

・良い点

2Dオープンワールドメトロイドヴァニアピンボールアドベンチャーゲーム

気の利いた親切設計

新しいギミック

頭のオカシイ世界観

・悪い点

強気な価格設定

センスのないタイトル

・評価

9/10