鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

古代祐三さんもインディーゲームの仕事を受けるのか!いい時代になったな!!

ゲームミュージック好きにはたまらない名前です。

jp.automaton.am

古代祐三

彼の名前だけで思わずゲームを買ってしまう程好きです。

世界樹の迷宮」を買った理由は間違いなく彼の音楽に触れたいためだったし。

古代祐三 - Wikipedia

www.youtube.com

あー今聞いてもやっぱりいいわぁ。

このころの日本ファルコムは間違いなく日本で一番、いや世界で一番のソフトメーカーだったと思います。

ザナドゥソーサリアンロマンシア、もう名前だけでワクワクしてしまいます。

そのころの音楽を担当してた一人が古代さんです。

 

んで最近の作品もやはり素晴らしいのです、たとえば世界樹の迷宮

www.youtube.com

最初の曲からもうたまらねぇな!音がもうすでに好きだからな、それが連なってメロディになったらそりゃ最強だわ、って書いてて意味がわかんねぇけど感じるだろ!

 

んでね、何が言いたいのかというと、インディーゲームでも古代さんが受けてくれることだったりします。今凄いですね、こんな大御所を引っ張り出せるんだなぁ。

ってよく考えたらFFの植松もインディーゲームで仕事してたわ。

 

ゲーム中に登場するアーケードゲームの中には『ザ・スーパー忍』や『ベア・ナックル』から強く影響を受けていることを感じさせるタイトルもあったが、両作のサウンドを手がけた古代祐三氏が参加する。

>ディレクターであるTobias Bjarneby氏は、古代氏の参加を熱望しており、今回氏が楽曲を制作するにあたり「夢が実現した」と感激の言葉を記している。

 

よく聞く「夢が実現した」ってセリフ、えらい陳腐だけど、違う、彼の発言した「夢が実現した」は本当のことなんだと思います、昔からゲームが好きな私にはわかる!私もゲームを作って、音楽誰に依頼する?って聞かれたら間違いなく古代さんだもの!!

 

近藤さんも好きなのですが、任天堂の方なので頼めないっす。

www.youtube.com

たまらん。

今でもたまに聞いて涙腺を緩ませてますが、それはまた別のお話。