鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

スチームワールドディグ2 感想

ニンテンドースイッチのゲーム「スチームワールドディグ2」は見た目キャラが受け付けにくいけど地面を掘る+メトロイドヴァニアなアクションゲームでとんでもなく評価の高い傑作だよ!私には難しかったけどな!!

ec.nintendo.com

配信日 2017年11月23日

メーカー フライハイワーク

ジャンル アクション

価格 2,000円

www.youtube.com

d.hatena.ne.jp

メトロイドキャッスルヴァニアを組み合わせたゲーム内容のジャンルを総じて「メトロイドヴァニア」と言います、横スクロールの探索アクションゲームですね。

このジャンル、一部に熱狂的なファンがいるようでして、私の感想ですと特に海外に多い気がしてますが、雨後の筍のごとく誕生しておりまして、そんじょそこらの内容では埋もれてしまうジャンルです。

そんなジャンルの中、傑作と言われているのがこのスチームワールドディグ2です。

ざっくり言うと2D探索アクションにディグダグのような穴掘り要素を加えたものです。

http://flyhighworks.heteml.jp/games/wp-content/uploads/2014/02/SS0022.jpg

こんな感じ。

私はこの画像を見た瞬間に面白くない訳がない!と購入を決めました。

そして先に紹介した動画を見て確信しました、俺には難しいかもと!

 

f:id:toriid:20180331191327j:plain

このキャラ、こんな見た目ですが女の子です、ロボットだけど、つかなんで眉毛あるんだ。

f:id:toriid:20180331191442j:plain

穴掘って宝石ゲットしてこのように売ってお金を手に入れてパワーアップしたりします。

ちなみにこの時のSEが気持ちいいです、大好き。

f:id:toriid:20180331191553j:plain

配管を通じて行ったことのある場所へのワープが可能になったりします。

f:id:toriid:20180331191655j:plain

無計画に掘りすぎた。

 

そんな訳でこのスチームワールドディグ2、日本海外ともに評価が圧倒的に高い作品です。

ニンテンドースイッチを購入したらとりあえずゼルダとこれをプレイしろと言われるぐらい、価格的にはゼルダを凌ぐぐらいの評価です。

実際プレしてみると本当に良く出来ておりまして、メトロイドヴァニアの最高峰と言われているのもあながち間違いではないと感じております。

が。

はっきり言いましょう、私には難易度が高すぎた!

探索で詰まり、ボスとの戦闘で詰まり、自分の操作の拙さで詰まり。

探索での詰まりは攻略サイトで抜けました。

ボスとの戦闘は何回やり直したか分からないぐらいチャレンジして根性で切り抜けました。

別にクリアしなくても進行上問題ない箇所は無視して進めました。

 

感想サイトや某大型掲示板でのレビューを見ると、みんな楽々クリアしてるようなんですよねぇ。

私が下手過ぎるの?そうなの?

途中で諦めるのはなんだか悔しいので無理やりやりこんでクリアしました、苦行でした。

 

装備をパワーアップしたり新しいギミックを入手するのは本当に楽しかった!

自分が強くなった時間があるし、新しい場所へ行ける!ってワクワク感もあります。

メトロイドヴァニアに穴掘りを加えたことによってここまで面白く出来たこの作品、様々な人が高い評価をするはずだと思いました。

スイッチ買ったらやれ!までは言い切れませんが、動画を見て少しでも興味を持たれたら絶対にプレイするべきです、2,000円ですしね。

翻訳も安心のフライハイワークス、確実です。

 

・良い点

 探索の楽しさ・パワーアップしていく実感・多様なギミック

・悪い点

 難易度

・評価

 7/10