鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

「ポリコレ棒で殴られて下さい」なんて言うから接しない方がいいってなっちゃうんじゃん

はてなブログで流れてきたこの記事。

pokonan.hatenablog.com

「理解できない人を理解しようと努力してるけどやっぱり出来ない」人を「コイツ理解できねー!」って攻撃してます。

多様性って寛容から生まれるのに、なんでこういう人たちは「自分と違う人たちを受け入れろよ!寛容性のない奴らだな!」と矛盾したことをいうのでしょうか。

お互い「理解できない人たち」同士なのですから。

 

マジョリティからマイノリティがやってることを、マイノリティからマジョリティにやってる。

これでは賛同を得ませんし、元記事の彼のような方が出てくるのも仕方がないと思います。

withnews.jp

 

元記事の

>理解不能。気持ち悪い。

>この手の議論に関わるLGBTの人は非寛容で被害者意識が強いように思う。

に対して

>って、このおっさんがまず非寛容で被害者意識が強いってツッコミどころありまくりなのに、スルーされてんのはなんなの。

って感想がまずずれてる。

そういう人へのインタビューで出来てる記事なのに。

また、この回答一つとっても、元記事の彼が言うように「非寛容で被害者意識が強い」と思われても仕方がない言いっぷりですよね。

 

元記事の彼

異性愛が普通だと教わって育ってしまったから、全く悪意のない、うっかり吐いた言葉が『差別だ』と炎上することがある

に対して

>差別に悪意の有無は関係ないし、そんなに怖いんならいい加減学習して何が差別にあたるかアップデートしろよ…。

ってそんなに簡単にアップデートできてたらこんな問題にならないですよ。

出来ないから問題になってるし、彼も苦悩してるんじゃないですか。

そして出来ないことを理解しないと。

 

私は知り合いにLGBTの方がおります。

この方々は寛容的なんです。

なぜか一部の方々が、非寛容で攻撃的な発言をするんですよね。

私はこういう過激派が許せないんです、邪魔なんです。

もしかしてわざとやってるのではないかと勘繰ってしまいます。

単純にマウント取って気持ち良くなりたいだけなのではないかと思ってしまうんです。

 

ポリコレ棒で殴られる!差別的な本音を垂れ流せなくなって苦しい!って、マジョリティのヘイト感情を「苦悩」みたいに語るのはもう腐るほど見てきたけど、まぁこれもご多分に漏れずそんな内容で、マジでこれ読んでどうしろと…?って感じ。

 

この感想が出てくるようだと、ましてやそれを発言しちゃってるようだと、理解しあえないよなぁ。

まずはこの過激派と穏健派が理解しあえないと、元記事の彼のような方々の意識が変わることはないでしょう。

 

 

LGBT過激派」で検索しても一人のブログしか引っかかりませんでした。

やはり私の考え方は間違えてるのかもしれませんね。