鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

Layers of Fear: Legacy(レイヤーズオブフィアー:レガシー) 感想

ニンテンドースイッチのゲーム「レイヤーズオブフィアー」は一人称視点一本道びっくり系ホラーゲームでとっても怖かったけどそれ以上に私が3D酔いしてしまって堪能できなったですごめんなさい。

ec.nintendo.com

配信日 2018年3月29日

メーカー CIRCLE Ent.

ジャンル アドベンチャー

価格 2,000円

www.youtube.com

先行販売時セールしていたので思わず購入してしまいました、元々評価の高かった作品でしたので、って俺ホラー苦手なんだけどね、返校も怖かったし。

toriid.hatenablog.com

んで落としてから激しく後悔いたしました。

アイコンが怖いよ!姐さんが鼻血出してこっち見てるよ!

f:id:toriid:20180404235947j:plain

ゲームをプレすればこれが絵の具って分かるのですが、そんなの関係ないです、普通に怖いです。

f:id:toriid:20180405000037j:plain

タイトル画面、もう雰囲気半端ないですね、素晴らしいです。

f:id:toriid:20180405000126j:plain

このような雰囲気の部屋をひたすら進んでいきます。

部屋にアイテムがあったりちょっとしたギミックがあったりします。

f:id:toriid:20180405000208j:plain

手のアイコンが見えるでしょうか。

触れるものがあるとこれが出てきます。

このシーンはドアノブを握れるよ、って合図。

常にこの動作でドアを開けて先に進みます。

進みますが。

画像を見て分かる通り、主人公は身長があるんですね、ドアノブを見るときかなり視線を下げるのです。

この動作が、私を強烈な3D酔いに誘ってくれました。

軽い頭痛と微妙な吐き気を感じながら、お化け屋敷のようなびっくりどっきりな仕掛けを食らう訳でして、正直本当に辛かったです、ってこれは私の体質が問題なだけでこの作品が悪い訳ではありません。

ありませんが。

 

3D酔いが無くてもゲームとして面白いと感じる場面が少なすぎました、私がホラー好きではないからだと思うのですが。

引き出しなどを開けられるのですが、90%無駄な作業になります。

しかし、ほんの数%のために、開けられる引き出しは全部開けないといけないのです。

これがどれだけ苦痛か。

常に一本道だからこそのギミックなのかもしれませんが、私の中ではこういう無駄な配置は大きなマイナス要因だと思います。

ただ、何か所か私が思わず「すげぇ」とうなったギミックがありました。

ネタバレになるので詳しく言えないのですが、ラスト前の章とでも言っておきますか、家具が落ちていくシーンなのですが、あの仕掛けは感動しました、素晴らしい。

 

f:id:toriid:20180405001618j:plain

これが一周終わらせた後の画面なのですが、選択肢の「終わらせるの」ってなんだよ。

バッドエンド食らった後にこれを見つけてしまい、思わず和んでしまいました。

ちなみにゲーム中の翻訳は全く問題ありませんでしたよ。

 

何回も心が折れかかったというか折れてたのですが、なんとか1週目バッドエンドでクリアしました。

2週目というかトゥルーエンドまでプレイする気力がございません、ごめんなさい。

 

ホラー苦手で3D酔いして無意味な仕掛けを置いたりと、私個人的にはマイナス要因が多かったのですが、そんな私でも世界的に一定の評価を受けた意味を感じることが出来ました。

映像美といいますか、このデザイン性は一度体験してほしいです、本当に素晴らしいです。

ホラー好きでない方も、この美しさは見てほしいんですよねぇ。

ただ、本当に怖いので、ホラーダメな人は絶対にプレイしない方がいいです。

 

・良い点

 映像美・デザイン

・悪い点

 無意味な仕掛け・ゲーム性の低さ

・評価

 4/10

 

しっかし本当に怖かったわ!この年になって変な夢を見るとは思わなかったよ!!

 

追記

どちらかと言えばセールしている作品です。興味のある方は軽い気持ちでプレイしてみてください。