鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

もう忖度したくない

今まで行っていたことに名前が付いた、もしくは認識したことによりその行為がどんなものなのか、はっきりと理解することが出来ました。

忖度、そんたく、そうか、俺って忖度しまくってたんだな。

 

delete-all.hatenablog.com

kotobank.jp

辞書では「他人の心をおしはかる」と書いてあります。

このままだと良い意味ですよね。

しかし部下が上司に忖度するとなるとどうでしょうか。

上司が部下に忖度を強要するとどうなるでしょうか。

この忖度は上司にとってはノーリスクハイリターン、何か問題が発生しても「いや俺そんな指示だしてないもん、こいつが勝手にやったんだもん」で済む訳で。

勝手にやってくれる部下はそりゃあかわいいよなぁ、逆に言わないと行動しない部下は使えないと思うよなぁ。

 

私は、仕事の内容によるのかもしれませんが、指示されなくても自分で考えて仕事しなけらばならない事しか知りません。

その中に上司に対して取引先に対して、忖度したのかと問われれば、忖度しまくってますが何かとしか答えられません。

その内容は法に触れてますか?と聞かれたら、触れてるかもしれませんとしか言いようがありません。

私が法に触れてなくても、触れていることを知っているのに何もしてないだけでも、それは立派な忖度ですよ。

この忖度は罪ですか?罪ですね、今後は告発しなければなりません。

そして今後は、良い事にせよ悪い事にせよ、忖度してはいけないのではないかと思います、自分の身を守るために。

 

上司の覚えが良くなったところで良い事ありませんしね、懲罰的な異動だの転勤だのがあるかもしれませんが、それはそれで法を武器に戦っていかなければならないのかもしれません。

自分の身は自分で守る。

その類の理論武装が今後必要になる時代が来ると思われます。

 

ちなみに私はそんな時代が来るべきだと思ってます。

全部指示待ち、いいなぁ、そんな楽な仕事をしてみたいわ。