鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにゲームのことばかり書いてます

お題スロット「起きて最初にすること」

お題「起きて最初にすること」

 

たまにはお題スロットで書いてみようと思いましたところ、「起きて最初にすること」になりました、嘘です、書きやすそうなお題が出るまで回しました。

もう7年間、毎日同じ行動をしております、それは「目薬をさすこと」です。

 

健康診断にて再検査の通知がありました、症状名は「乳頭陥凹拡大」。

ん?俺の乳首が陥没して拡大しているの?と思ったのですが、どうも眼の症状らしいので、全く想像できないまま病院へ。

そこで視野の検査をしました、結果「緑内障」と診断されました。

検査の時、気づいていました、見えてない部分があることを。

中心を見ながら、動く光が見えたらボタンを押す検査なのですが、左目の右下がなんとなく見えてない気がするなぁ、とは思ってたのですが、最後に物凄い大きな光の球が欠けながら右下から出てきたときに、今まで感じたことのない恐怖が襲ってきました。

あ、俺この部分見えてないじゃん、このまま進行して失明するんだ、って思いました。

医者曰く、「緑内障になる原因はわかってない」「治療方法もわかってない」「眼圧を下げれば症状が止まる」「とにかく目薬をさせ」。

タバコをやめるとかコーヒーをやめるとか運動するとかストレスを軽減するとか、何か努力目標があればまた違うのでしょうが、緑内障は違います、原因がわからないし治療方法もないんです、ただ目薬をさして眼圧を下げるしか、今のところ手立てがないのです。

 

最初は一種類の目薬をさしておりましたが、なかなか眼圧が下がりませんでした。

結果的に今5種類の目薬をさしており、やっと症状が落ち着いております。

一種類ずつ増えるたびに失明への恐怖は増していき、左目だけだったのが右目にも症状が出始めたとき、私は今まで体験したことのない感情に襲われました。

失明したらどうすればいいんだろ?

仕事できなくなる?

子供はどうする?

そもそも俺生活できるのか?

ふわふわした気持ちで数週間を過ごした記憶がございます。

 

結論として、なんとか症状が治まったまま数年経過しております。

とりあえず失明の危機は乗り越えたのかなぁ、と思っています。

でも、私は毎日朝起きたら目薬をします。

毎朝4回、昼1回、そして夜4回。

目薬代も馬鹿になりません、でも、失明するよりはマシだと思ってます。

思ってますが、これが死ぬまで続くのかと思うと、やはり気が滅入ります。

 

死なない病気ですからね、まだマシなんです、そう思って毎朝起きてから目薬をさします。