鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目標としたブログです嘘です

私のマンガ遍歴の最初の部分を軽く紹介してみる

ふと自分で付けたカテゴリを見たらマンガがまだ1つだったので、私のマンガに関するお話を軽くしてみようと思います。

 

物心ついて明確に自分の意志でマンガに触れたのは、小学1年生の時自分で購入したコロコロコミックだと思います。

幼稚園児の頃はテレビくんを購入していたのですが、おそらくドラえもんを読みたくて手に取ったんじゃないかと。

ドラえもんの最初の映画「のび太の恐竜」が連載されていたからだと記憶があったので調べてみました。

うん、たぶんあってる。

 

ドラえもん のび太の恐竜 - Wikipedia

月刊コロコロコミック1980年1月号から1980年3月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品と、この作品を元に1980年3月15日に公開されたドラえもん映画作品。大長編・映画ともに第1作。

 

ただ記憶があるのは、もちろんドラえもんは残ってますが、それ以上に強烈に残ってるのが「名たんていカゲマン」です。

blog.goo.ne.jp

もしかするとこの作品のお陰でミステリーが好きになったのかもしれません。

実際小学生中学年で江戸川乱歩に手を出してますからね。

 

そのころに、食堂で読んだ雑誌に衝撃を受けて、今思うとわずか数年でコロコロコミックを卒業しました。

その雑誌は「週刊少年ジャンプ」、最初に目に入った作品は「キン肉マン」でした。

ジェロニモがサンシャインと戦ってました。

多分ここらへんだと思われます。

middle-edge.jp

1983年かなぁと。

もう少し前かな?

ここでマンガにどっぷり浸かりました。

キン肉マン、ハイスクール奇面組キャプテン翼が特に好きだった記憶があります、単行本買ってたし。

 

そのままジャンプを読み続けつつ、ヤングマガジンヤングサンデー、スピリッツ等を貪りつつ社会人になりました。

そして、パッタリと途絶えてしまいました。

そこらへんの話はまた後程。

ちなみに少女マンガもある程度嗜んでおりました。

今でも一番のギャグマンガ作家は誰?と聞かれたら胸を張って「岡田あーみん」と答えます。