鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにゲームのことばかり書いてます

鹿沼のtoriidは地理が好き。

あまりブログに関して知識がないので勉強中のtoriidです。ちょこちょこいじってますが、そのたびにドキドキしております、大丈夫なのかな、と。

 

私が好きなものに地理があります。

ただ、地理といっても一般的な地理ではないです、と言ってもスカンジナビア半島とかボスフォラスダーダネルス海峡とかツンドラ気候とかマリアナ海溝とか、そういう単語も好きなのですが、好きというか無駄に覚えるのが好きなのですが。

最初に好きなんだと自覚したきっかけは、国道4号線にいらっしゃるお地蔵さんのエピソードを知ったときでした。そのお地蔵さん、道路に背を向けてるんですね、何故かというと、昔は向いてるほうに道があったからなんです。つまり、今の道路は最近できたものだと。

国道4号線は元々日光街道です、昔からある街道です。それをベースに国道4号線が自動車用に開発されていきますが、その過程でルートが変わってるんですよね。そんなことが他の道路でも起こっていることを、当たり前なことなのですが、認識することが出来たんです。

そのとき、ある鹿沼の道路を思い出して、ああ!なるほど!!と長年不思議に思っていたことが解決したんです。

その場所とは、国道293号線鹿沼市磯町の東北自動車道と交差する前後です。

f:id:toriid:20170924203359j:plain

googlemapから切り取った画像です。

真ん中の道路が国道293号線なのですが、右側が広くなってるでしょ?夏になるとここでスイカを販売しているのですが、なんでここだけ道路を広げたのか、全くその理由がわからなかったのですが、その理由がお地蔵さんのお陰で分かったのです。

道路を広げたのではなくて、元々の道路がこのカーブなんですね、自動車用に改良するために、なるべくまっすぎにしようということでこのような形になったと。家の位置および個人の土地は動かせないから、元の道路も自動車の車線ではないけどアスファルト化したと。

それがわかったら、いやいやあるわあるわこのような場所が、特に田舎道はクネクネしてますからね。

そして、さらにですね、この何でもない道も、もしかすると大昔から存在していて、多くの人が歩いていたんだな利用していたんだななんて思ったら、そこにロマンを感じてしまったんです。道端に生えているこの木は、もしかして江戸時代からここにいて、ちょんまげ結ってた人達を見下ろしていたんじゃないか?とか。そしたら田んぼの真ん中に誇らしげに花をつけてる桜の木も、お寺に生えてる柏の木も、日光街道や例幣使街道の杉並木の杉も、みんなそうじゃん!って。

それからです、都市の成り立ちというか歴史というか、そういうのが好きになったのは。新しい道路が出来たら、そこにお店が出来て家が出来て、街の顔が変わっていくんですよね。そういうのが堪らなく好きなんです。

道の曲がり方や無駄なスペース、多すぎるマンホール群、変な形の公園、車が通れないような狭い道路等々、すべて何かしら原因があって意味があって、ほんの少しの知識があればそれがわかるんです、それが本当に楽しい!

って会社の同僚に力説したら引かれました、そりゃそうか。