鹿沼の隅っちょから

「鹿沼」でググった時に1ページ目に表示される事を目指していたのにゲームのことばかり書いてます

増税前にまとめて本を買いました

ここのところ寝る前に『ファイアーエムブレム風花雪月』を進めているため殆ど本を読んでませんが、増税前に読もうと思っていたものを購入しておきました。 浜村渚シリーズの青柳さんで読んでない作品が多く残ってるので、とりあえず1冊購入いたしました。『…

ラスト・ワルツ 柳広司

アニメ『ジョーカーゲーム』を視聴したのをきっかけに原作を追いかけてきましたが、とうとう最後の作品となってしまいました。 仮面舞踏会、ドイツの映画撮影所、疾走する特急車内――。大日本帝国陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ組織「D機関」が世界を騙す…

最後にして最初のアイドル 草野原々

以前購入した『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』の影響でしょうか、ヨドバシドットコムにてSF小説がおすすめに出てくるようになりました。そのラインナップの中でタイトルだけで興味を持ち思わず購入してしまったのがこの作品、『最後にして最初…

パラダイス・ロスト 柳広司

アニメ『ジョーカーゲーム』を視聴後に原作を読み、あまりの面白さにシリーズを追っております。3作目に当たる『パラダイス・ロスト』を読み終えてしまいました。もう後1冊しかなくなっちゃった!と悲しい気持ちになるぐらい素晴らしい作品です。大好きだ。 …

レイジングループ3 生贄の蛇 amphibian

2巻を読み終えたらすでに3巻が発売されておりました。もしかして毎月刊行されてる?!嬉しい悲鳴を上げております。 妖しげな因習に基づいた人狼伝説が今もなお息づく限界集落、休水に迷い込んだ旅行者・房石陽明を待ち受けていたのは、かつて人が殺したはず…

ハンニバル戦争 佐藤賢一

私の大好きな作家である佐藤賢一の作品。しかも大好物である古代ローマ時代でさらにハンニバルですよハンニバル!面白くないわけがないじゃないですか!しかも私の想像を上回る描き方にさらに興奮いたしました。 やっぱり佐藤賢一は素晴らしい! 時は紀元前…

レイジングループ2 不浄の民 amphibian

2巻が思ったよりも早く刊行されておりました!嬉しい!早速ものの1時間少々で読み切ってしまうという勿体ないことをしてしまいましたが、やはり小説でも面白い! 妖しげな因習に基づいた人狼伝説が今もなお息づく限界集落、休水に迷い込んだ旅行者・房石陽明…

ダブル・ジョーカー 柳広司

アニメ『ジョーカーゲーム』を視聴してから原作を読んでおります。今回はシリーズ2作目に当たる『ダブル・ジョーカー』を読みました。アニメ化されなかったエピソードは新鮮で楽しく読めましたが、アニメ化されたエピソードも読みながら映像化が容易に出来て…

浜村渚の計算ノート9さつめ 恋人たちの必勝法(マーチンゲール) 青柳碧人

数学テロリストが現れて浜村渚が登場して数学的に解決する、というおなじみの展開を続けて早9作目+3冊ぐらいかな。毎回同じような展開であるものの、そこに登場する数学的要素を知らないし分からない私のような者にも、丁寧にそして簡潔に分かるように説明…

いまさら翼といわれても 米澤穂信

大好きな作家さんの大好きなシリーズの最新作です。好きなら文庫版が出るまで待つなよ、と自分でも思うのですが、文庫で揃えてるのでどうしてもね。安いし。 相変わらず米澤さんの日常系ミステリー&ブラックなテイストで綴られておりました。最高です。 「…

レイジングループ1 人狼の村 amphibian

私の大好きなゲーム作品である『レイジングループ』の小説版が発売されました。 好きすぎて手に入る関連グッズは軒並み購入しております。アンソロジーコミックも完全読本も購入済みですが、満を持しての小説の発売です。すでにクリア済みでストーリーも細部…

ジョーカー・ゲーム 柳広司

たまたま視聴したアニメ『ジョーカーゲーム』が非常に楽しめた作品だったので、もしかして原作が素晴らしい出来なのではないか?と思い購入しました。 結論から言いますと、思ってた以上に原作のパワーを感じました。この方の文章、物凄い好みです。読んでい…

のうりん13 白鳥士郎

ずっと避けていた『のうりん』の13巻を読みました。私が大好きなシリーズですが、これ以降発行されておりません。最終巻なのかと思い中々手が出せなかったのですが、覚悟を決めて読んでみたら最終巻じゃなかったよ!寧ろ次巻が出る可能性があるのに2年以上音…

ナイツ&マジック9 天酒乃瓢

何故主婦の友社がライトノベル業界に殴り込みしてきたんだ!と思ってから大分たつんだなぁ、とヒーロー文庫の『ナイツ&マジック9』を読みながらしみじみと感じました。 この作品もとうとう9作目か、と。まさかここまで続くとは&アニメ化までするなんてねぇ。…

レトロゲームファクトリー 柳井政和

ゲーム関係の物語で個人的に外れに当たったことがないので、名前だけで購入しました。結論として、購入して本当に良かったです。 過去のゲームを最新機用に移植する会社「レトロゲームファクトリー」。その社長・灰江田直樹とプログラマー・白野高義の元に大…

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?LV.19 聴猫芝居

気が付いたら電撃文庫どころかライトノベル業界の中でもここまで巻数を伸ばしてるシリーズって中々ないことに気が付き、思ってるより人気があるのかな?と思っております。私は大好きですよ!ネットゲームに一度でも嵌まった経験がある人は間違いなく楽しめ…

アクセルワールド23黒雪姫の告白 川原礫

1巻から読んでいるのに、すでに23巻目なのに、いまだにルールや設定が分かってない私ですが、それでも楽しめております。今回のような日常パートが多い方が好きです。 第四回《七王会議》の場で、白のレギオンの正体をついに暴いたハルユキたち。 しかしその…

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅨーフォース・スクワッド・ジャム<下>ー 時雨沢恵一

副題入りとはいえタイトル長いな!大好きなシリーズですがいい加減飽きてきた私もいたりします。やってることは毎回ほぼ同じですからね。 レンのリアル・小比類巻香蓮との結婚を目論むファイヤこと西山田炎の誘いに乗り、“結婚を前提としてお付き合い”をかけ…

角川の統廃合年表を見たら知らないことだらけで驚きました

以前触れた「キミラノ」ですが、その時に「レーベルを横断って全部角川じゃねーか」なんて書きましたが、今一つどういう経緯でライトノベル業界が角川に牛耳られつつあるのか知りませんでした。 何となく調べたらわかりやすく説明していたサイトがございまし…

キミラノ の目指す先がわからない

今年の春に始まりました『キミラノ』ですが、私には今一つこのサイトの目的というか目指す方向性が見えませんでした。 謳い文句の一つに「レーベル横断の新サービス」とありますが、 電撃文庫 MF文庫J 角川スニーカー文庫 富士見ファンタジア文庫 ファミ通文…

六花の勇者の新刊はまだでしょうか

既読の6巻と短編集はすでにブックオフに売っちゃったんだけどね。 このまとめサイトを見て思い出しました。 六花の勇者 - Wikipedia 6人の勇者が集結し、復活せんとする悪しき魔神を打倒するという王道のハイファンタジーの世界観と、6人の勇者に7人目が紛れ…

ソードアートオンライン21ユタイナル・リンクⅠ 川原礫

大好きな作品の新シリーズとなる今作品ですが、生産系をフューチャーしてるのでまた新鮮な感じで楽しめました。あと表紙にアリスさんが普通にいるのがアニメ組からするとネタバレになるのではないかと心配しております。 サバイバルMMO《ユナイタル・リン…

りゅうおうのおしごと!10 白鳥士郎

やはり今回も熱くそして面白かった「りゅうおうのおしごと!」10巻です。面白い作品はどうしても一気に速読気味に読んでしまう悪い癖がございまして、このシリーズはどうしてもその癖が出てしまいます。勿体ない!もっとじっくりと読みたかったのに! www.sb…

米澤穂信作品が大好きです

いつ出会ったのか明確には覚えてませんが、最初に読んだ作品は『春季限定いちごタルト事件』だったことは覚えております。 米澤穂信 - Wikipedia 小学生の時に出会ったぽぷら社の江戸川乱歩『電人M』から本を読むようになった私。中学生あたりで赤川次郎、そ…

ビブリア古書堂の事件手帖~扉子と不思議な客人たち~ 三上延

シリーズとして完結したものだと勘違いしておりました。タイトルにもナンバリングされてなかったので気が付くのが遅かったこともあり、発売から半年経ってやっと購入いたしました。 mwbunko.com ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディ…

斗南藩 「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起 星亮一

青森県は津軽藩と南部藩の一部がいっしょになって出来た県だと思っていたのですが、「斗南藩」なる存在があることを知り、この本を手に取りました。 www.chuko.co.jp 斗南藩―「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起 (中公新書) 作者: 星亮一 出版社/メーカー: 中…

ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ 佐藤賢一

私が大好きな作家の一人である佐藤賢一さんの作品です。好きなのにまだ読めてない作品がございます。その内の一つ、『ラ・ミッション』をやっと読むことが出来ました。 books.bunshun.jp ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ (文春文庫) 作者: 佐藤賢一 出版社/…

覇剣の皇姫アルティーナ14 むらさきゆきや

このシリーズもまさか14巻まで続くとは思いませんでした。しかも全然終わる気配さえないという。 www.kadokawa.co.jp 覇剣の皇姫アルティーナXIV (ファミ通文庫) 作者: むらさきゆきや,himesuz 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/09/29 メディア: 文庫…

トランスヒューマンガンマ線バースト童話集 三方行成

我が子がAMAZONプライムでオリジナル番組「戦闘車2」を見たいと言うので仕方なく登録した時に目に入ったのがこのタイトルでした。 『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』 何このパワーワード。気が付いたらヨドバシで注文してました。 www.hayakawa-…

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?LV.18 聴猫芝居

毎回書いているけど、作者もあとがきで書いてるけど、まさかここまでシリーズが続く作品になるなんて思いもよりませんでした。 そして、作者がここまでストーリーを練りあがることができるなんて!元々お話の構成が上手いとは思っておりましたが、ここ最近は…